FC2ブログ
2009-09-10

風の盆三日目の出来事☆

三日目は、降水確率80%という予想でしたし、昼間、雨がポツリポツリ…という場面もあったので、夜中の流しもかなり心配でした。ところが八尾は奇跡的に雨が降らなかったのです。奇跡的にというのは、後から知ったのですが、富山市街はどしゃ降りの雨だったそうなのです。そろそろ流しの準備をしようと思っていた時、私の兄が危篤…と入院先の病院から電話が…風の盆なので、車は規制で出ても入ってもいけない状態でしたが、緊急なので…と事情を説明して規制を解除してもらい、富山市街のの病院に駆け付けました。結局、誰も間に合わず、兄は一人で逝ってしまいました。若い頃から病気で、ずっと入院生活でしたので、私に兄がいるという事すら、ほとんどの人が知りません。本当に孤独な生涯でした。47才でした。でもだからこそ、生きた証として風の盆の最終日・三日を最期の日に選んで逝ったのではないかと思います。これから毎年、風の盆の最終日・9月3日の兄の命日には、私は兄の事を思い出し、一生、流しをする事となるでしょう。この日、私は病院から帰り、先に行ってもらっていた生徒たちの流しに合流しました。もちろん今、亡くなったばかりの兄の事を思って流しました。また、私の兄の訃報を知った皆さんが、「南無阿弥陀仏…」の念仏おわらを唄い、踊ってくれました。見ていたお客さんまで、手を合わせてくださいました。本当に不憫な兄でしたから、皆さんにおわらで送ってもらえて、本当に救われた…きっと喜んでいると思いました。兄の冥福を祈るばかりです。三日目は、このような特別な事情がありましたもので、後から私の流しを見に来たのに、私がいつものグループの中に居ないと…怒って帰られた方もあったとお聞きしましたが、どうぞお許しください。今年の風の盆は満月とちょうどタイミングが合ったのでしょうか? 月がとても綺麗だったのが印象的でした☆
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ