2018-01-27

春の関東へ…(その28)


「帰途」(その4)…羽田空港に到着!羽田空港といえば、以前、東京からの仕事の帰り、一生忘れられない出来事に遭遇しました。いつものように羽田空港に向かうためタクシーに乗りました。そのタクシーの運転手に「羽田空港へ…」と行き先を伝えました。運転手は何やらもぞもぞと出発しました。少し走ると様子が変です。なんと!羽田空港への行き方がわからないと言い出しました。もちろん、カーナビも付いているのですが、その操作さえもままならないらしく、「会社に問い合わせみます。」と、何度も走行中、会社に連絡をしていました。最初は新米さんなのかな?というくらいに思っていましたが、羽田空港へ行くための高速道路の入口すらわからず、どんどん目的地から離れていく始末。そのうち、気もそぞろな感じで、中央分離帯にぶつかりそうになり、後ろの車からはクラクション!私たちは我慢の限界。これ以上、恐ろしくて乗っていられません。思わず「どこでもいいので、すぐ、降ろして下さい!」といい、その恐怖タクシーを降りました。結局、乗った場所より羽田空港に遠退いた場所に降ろされました。その後、他のタクシー(まともな)に乗り換え、ようやく、到着しました。時間に余裕を持って早めにホテルを出たのが幸いして、飛行機のフライト時間に間に合った事は不幸中の幸いでした。それにしても有り得ない現実でした。生きた心地がしませんでした。どうしてあんな運転手が試験を通って運転手になれたのでしょうか?どうしてタクシードライバーになってしまったのでしょうか?一緒に乗っていた大國さんも思わず「運転、代わりましょうか?」と言いそうになったと言っていました。プロはみんな上手いという常識が一気に崩れさりました。それもただ下手とかそういうレベルではありません。その運転手は、事故を起こさない前にお客さんの命のために、即刻辞めるべきだと思いました。本当に有り得ない恐怖体験でした。被害者がこれ以上出ないように、即刻辞めてほしいと心底思いました。※たぶん現在は、その人、タクシードライバーではないと確信しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ