2016-05-21

北海道へ演奏旅行(その60)


「三浦綾子記念文学館」(その10)…作家・三浦綾子として‥私は小説を書く時、「人間とは何か」「与えられたこの生命を、人間らしく美しさをもって生きられないものか」と苦心するのだが、なかなか一筋縄ではいかない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ