2016-04-12

北海道へ演奏旅行(その29)


「旭山動物園」(その21)…初めて見た!真っ白な尻尾があまりにも長い白黒の猿。あの尻尾の毛の強度や質感が気になるのは、たぶん私だけかもしれない。つい胡弓の弓の毛にできないものかと想像してしまう。実際私は、以前、かなりのロングヘアーだった髪をバッサリ切って、自分の髪で胡弓の弓を作った事がある。黒髪の弓である。人間の髪は、キューティクルが多すぎて表面がツルツルで適していない。それは最初からわかっていたので、胡弓の道をこの先、精進するにあたっての自分自身に対するお守りのつもりで作った。現在、擦弦楽器の弓の毛のほとんどが馬の尻尾の毛である。何か他の素材で良い音の弓の毛がないものかといつも思ってしまう。馬の毛が弓には一番適している事は間違いないと思うし、その音色に満足していない訳でもない。ただ、他の素材で弾いたらどんな音色が出るのだろう。と思ってしまう、飽くなき好奇心が私の中には、いつもあるのです♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ