FC2ブログ
2009-12-14

コンサート打ち上げ・パート?

20091214003447

11月22日・23日、「じょうはな座」コンサートの打ち上げで、一泊二日の温泉旅行に行って来ました。この打ち上げの企画は、そもそも、私の後援会副会長の光圓寺住職さんが言いだしっぺで、全て住職さんに手配をお願いし、行く時も、とにかく住職さんの案内で、後をついていけばいいや?と思っていました。ところが、住職さんは住職さんなので、本業の仕事が急に入られまして・・・「ごめんごめん・・・私は、・・・というわけでいけなくなりました。皆さんで行って来てください・・・」と地図だけ渡されて、誰も知らないその宿へ行く事になってしまったのです。その宿は、長野の安曇野の山の中の「有明荘」という宿でした。メンバーは、コンサートの出演者の後藤さん、SASUKEとSASUKEファミリー、若林ファミリー、そして、東京の生徒と小松の生徒です。東京の生徒は、レッスンも兼ねて来ているので、出発前に午前中、2レッスンを終えてから出発しました。お昼過ぎの出発となりました。遠いだろうな?と思っていましたが、明るいうちに着くだろうと思っていました。ところが、予想以上に遠かったのです。安曇野の市街から1時間ほど山道を登らないと、たどり着かないところだったのです。山道に入るころには、日がすっかり暮れてしまいました。街灯も全くなく・・・携帯電話もどの機種も全て圏外で、全く繋がりません。地図も随分大まかで、この道で合っているのかどうなのかさえ判らず・・・宿に確かめようにも携帯も繋がらず・・・このまま遭難するんじゃないかしら・・・と、かなり不安なものがありました。が・・・道は合っていました。無事、到着しました。各自の車でそれぞれ行ったのですが、みんな無事到着していました。着いたらすぐ夕食・・・と、いった感じでした。その宿は、かなりの標高の所にあり、登山客がよく利用するような宿で、山好きの人には、たまらない魅力かもしれません。宿のパンフレットに、謳っている通り「何もない贅沢」なのです。山だけを楽しむための宿のようです。この宿は、冬季は閉館するらしく、私たちが行った時期は、もう閉館間際でした。素敵な露天風呂もあるのですが、その露天風呂も寒すぎて、11月中旬で終わりだそうで、露天風呂には入れませんでした。でも中のお風呂も檜風呂で、源泉かけ流しで泉質が非常に良く、お肌がつるつるになりました。お風呂に入って、ようやく疲れがとれた感じでした。大國さんもコンサートで疲れているのに、長距離の運転でそうとう疲れていたのですが、SASUKEに整体を施してもらい助かりました。SASUKEはギタリスト整体師なのです。食事もなかなかおいしかったです。子供たちも意外に何もなきゃないで、広々とした所で飛び回り、楽しそうに遊んでいました。次の日の朝、起きると清々しい山の空気・・・雪がうっすら積もっていました。水道の蛇口には「凍結するので、水を止めないでください!!」と書いてあります。寒い所です。来た時は、山道が真っ暗で何も見えませんでしたが・・・朝、降りる時は、最高のパノラマ・・・山がとても綺麗でした。猿の親子の愛らしい姿にも出逢いました。もう少し早い時期・・・紅葉の時期に来たら、最高だろうな?と思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ