2017-12-31

春の関東へ…(その4)


千葉に向かう途中の川沿いの桜が満開で、束の間の花見をとても楽しませてもらいました。桜の満開の時期に関東へ来た事は意外と珍しい事でした。その分、新鮮でした。千葉には、私の叔母さんが住んでいて、今までは私が上京すると、よく叔母さんの方から東京へ会いに来てくれたものですが、叔母さんも年を取ってきたのでしょう。あまり体調が良くなくて、外出できない。というので、私も心配になり、初め千葉の自宅まで叔母さんに会いに行きました。駅まで迎えに来てくれた叔母さんは、会えた喜びでテンションが上がっていたからか、思ったより元気そうで安心しました。でも少し痩せたかな?真っ赤なマニキュアは健在でした。とってもお洒落な叔母さんなのです。自宅に案内されて、入るや否や積もる話に花が咲きました。いつもでも元気でいてね~!と思いながら、お別れしました。五十代で亡くなった父親とは縁が薄い私ですが、叔母さんは昔から私を可愛がってくれていました。一言でいうと粋な叔母さんなのです。私はそういう叔母さんが大好きです。叔母さん!いつもありがとう!!
スポンサーサイト
2017-12-30

春の関東へ…(その3)


東京に着き、まずは千葉に向かいました。途中、川沿いの桜を楽しみながら…
2017-12-29

春の関東へ…(その2)


最近では地元でも見かけるようになったが、私はこの時、初めてタッチパネルの自動販売機に出会いました。さすが東京!※2014年4月8日
2017-12-28

春の関東へ…(その1)


2014年4月8日…仕事兼パーティ兼お花見。。。東京へ行きました。まずはビルの多さと人の多さで、東京へ来た~と感じます。花粉症の季節でもあり、行きかう人々のマスク人口が高いです。マスクも季語になりそうな今日この頃です。
2017-12-27

2014年・桜


2014年4月7日…富山の桜は咲きはじめました。神通川の桜と立山連峰。。
2017-12-26

カウリィコーヒー(その3)


「カウリィコーヒー」のお気に入りは、コーヒーもちろんの事。とても音質の良い音響システムで音楽を楽しめる事。この日は、大國さんお気に入りの「リッチー・バイラーク(パール)」のレコード。選曲はもちろんこだわりのマスターです。レコードを聴かせてもらえる事自体、貴重なこの時代にこんな良音で、それも極上のコーヒーを味わいながら…最高のひとときです☆
2017-12-25

カウリィコーヒー(その2)


カウリィコーヒーのこだわりの濃いドリップコーヒーは最高の味☆コーヒー好きには堪りません。ここまでコーヒーにこだわるマスターがいるのでしょうか!?
2017-12-24

カウリィコーヒー(その1)


2014年3月30日…お気に入りのお店「カウリィコーヒー」(金沢市辰巳町)へ行きました。お店には、グランドピアノが置いてあり、気分が乗ったのかサラサラと弾きはじめた大國さん♪コーヒーが運ばれてくるまでのショートショートライブです♪♪
2017-12-23

照葉


2014年3月29日…「照葉」(金沢市東山)へ名取さんたちと行きました。「照葉」の女将は、私の長年の生徒。元芸妓で芸妓時代から胡弓、三味線を教えてきました。今も忙しい中、お稽古は続けています。彼女が「照葉」をオープンして20年。月日が経ちのは本当に早いです。「照葉」は押しも押されぬ大繁盛店。来年(2018年)2月18日に開催される20周年パーティには、約500名が「照葉」のお祝いに集結します。もちろん、私たちも出席させて頂きます。祝賀演奏も頼まれているので、私は胡弓、大國さんはバンドネオンでお祝いする予定です。その他にも芸妓さんをはじめ多くの方のお祝いのステージがある盛大なパーティなので、今からとても楽しみです。かのちゃん(私は女将を芸妓時代の名前[かの子]で今もよんでいます)本当におめでとう☆これからもますます東山の女帝として活躍して下さい!
2017-12-21

素敵なプレゼント


「富山新聞カルチャー祭り2014」のステージ衣装にさせて頂いた着物は、大阪の生徒・新井美代子さんからのプレゼントです。有名な作家さんの作品でとても光沢があり、生地自体にボリュームがあり柄が浮き彫りのように浮かび上がっています。質感といい色合いといい、とても上品な作品でお気に入りです。新井さん、素敵なプレゼント、本当にありがとうございます。新井さんは、大阪よりいつもお着物でお稽古に来られます。それも毎回違うお着物で、私もお稽古に来られる度に素敵なお着物を楽しませてもらっていてファッションショーのようです。今日はどんな色?どんな柄?と楽しみにしています。実際、新井さんはお着物が大好きで、日本の民族衣装である着物を伝える親善大使のようなお気持ちで着ているといっておられます。そういえば、金沢に加賀友禅を伝える「加賀友禅大使」というのが結成されていて先日、ステージでの華麗なる加賀友禅ショー「~加賀友禅にみせられて~」を拝見させて頂きました。有名な作家の先生方の作品ばかりでそれはそれは素晴らしかったです。演奏もあり、演奏は「加賀友禅特使」の3人(藤舎真衣・上田智子・北村雅恋)で結成された「Kotoha」により横笛・ハープ・箏の演奏でした♪♪♪
2017-12-20

カルチャー祭り舞台発表会2014


2014年3月16日…富山新聞文化センターの舞台発表会が「高岡文化ホール」(高岡市)でありました。この時は、「高岡教室」「砺波教室」「津幡教室」より、たくさんの生徒たちが参加したので、迫力ある演奏ができました♪この発表会には、文化センターが始まって以来、毎年、参加しています。※来年度(2018年)は3月11日(日)に出演予定
2017-12-19

鹿島教室


2014年3月4日…新教室開講に先駆けて、胡弓の体験レッスンを行いました。関屋楽器さんのご協力にて、受講者全員分の胡弓をご用意して頂きました。胡弓の説明、胡弓の持ち方、弓の弾き方など順番に手解きしていきました。あれから3年。。。鹿島教室(アルプラザ鹿島2F・北國新聞文化センター)は現在も続いています。「越中おわら節」を中心に学んでいます。他の曲も弾けるようになりたい。というご要望があるので、他の曲も弾けるようになるようにがんばってほしいです。でも「越中おわら節」は本当に奥が深い曲です。まずはおわらをちゃんと弾けるようになってほしいのが私の本音です♪
2017-12-18

これこそ!坂のまちアート!?


富山市八尾町にあるとあるお宅の外観が芸術的です。形といい、色といい、素材といい、宮崎駿作品に出てきそうな感じさえします。私は個人的にとても気に入っていましたが、現在は改装されてもうこの作品は見られません。幻の家となってしまいました。※2014年3月3日撮影 
2017-12-17

いちごパフェ


2014年3月2日…「ココナッツアイランド」(富山市婦中町)に「いちごパフェ」を食べに行きました。色々メニューはありますが、やっぱり「いちごパフェ」が最高においしいです☆この時期になるとお店の中もお店の外もいっぱい!行列ができるほどの人気!なんと以前より「いちごパフェ」の期間が延びたのでしょうか!?今年度は2017年11月23日から始まっているようです。最終は、2018年5月末までとの事(ホームページより)不覚だ~もう始まっていたなんて~早く行かなくちゃ~
2017-12-15

嬉しいプレゼント


2014年3月1日…「富山市大沢野文化会館」(富山市)で演奏会がありました。その会場に「指先水墨画」の高畑宏さんが、演奏をききにきて下さいました。そしてこんな素敵な自ら描かれた絵をプレゼントして下さいました。「風の音」とってもとっても気に入っています。高畑さんとは「坂のまちアート」で知り合ってから仲良くさせてもらっています。度々、演奏会にも来て下さいます。この絵に描かれているピンクの衣装は、以前、舞踊の和田朝子さんからプレゼントして頂いたお気に入りの衣装だったので、尚更、嬉しかったです。高畑さん、本当にありがとうございます。何よりも実物よりも可愛く描かれているところが特にお気に入り(笑)
 
2017-12-13

楽器紹介(その3)


「バンドネオン」…現在はタンゴの楽曲に主に用いられている。いくつもの楽器を操る大國さんが主に演奏している楽器。以前はキーボード奏者として活動していたが、バンドネオンの音色に魅せられてバンドネオン奏者に転向したそうだ。アコーディオンに形が似ていて同じ蛇腹楽器。アコーディオンに混同されがちだが違う楽器。アコーディオンの一種という説明も見受けられるが、鍵盤は、ピアノのような形ではなく、ボタン型で、これが蛇腹を挟んで両側についている。バンドネオンは、アコーディオンの一種であるコンサーティーナから生まれた。その他の詳しい説明は、ライブの際、大國さんに直接、質問して下さい。但し、楽器の説明がはじまると演奏よりお話しの方が長くなる可能性があります(笑)※12月17日(日)・「迎賓館ヴィクトリア高岡」の教会にて「クリスマスチャリティーフェスタ2017」に生徒たちと共に参加します。私たちの出番は午後3時30分~の予定です。その時には大國さんが演奏する教会に共鳴するバンドネオンの音色もきいて頂けます。皆さん!是非いらして下さい♪ 
2017-12-11

楽器紹介(その2)


「笙」…主に雅楽に用いられている楽器。いくつもの楽器を操る大國さんが奏でる楽器の一つ。仕組みは、匏と呼ばれる部分の上に17本の細く竹管を円形に配置し、竹管に空けられた指穴を押さえ、匏の横側に空けられた吹口より息を吸ったり吐いたりして17本のうち15本の竹管の下部に付けられた金属製のリードを振動させて音を出す。現在の笙では通常「也」と「毛」にはリードが取り付けられておらず無音であり、この事から「野暮」という言葉が発生したという説もある。大國さんが笙を演奏するようになったきっかけは、自らが演奏するバンドネオンをはじめ、全てのリード楽器の原点が笙である事を知り、リード楽器の原点である笙を奏でてみたいと思ったからだそうだ。天に広がるような独特な複音のその音色は、一瞬でその場を浄化させるような厳かな響きです。※2017年12月17日(日)・「迎賓館ヴィクトリア高岡」の教会にて「クリスマスチャリティーフェスタ2017」に生徒たちと共に参加します。私たちの出番は午後3時30分~の予定です。その時には大國さんが演奏する教会に響く美しい笙の音色もきいて頂けます。皆さん!是非いらして下さい♪
2017-12-09

楽器紹介(その1)


「胡弓」…民謡では主に「越中おわら節」に用いられている。地唄や歌舞伎の楽曲に用いられている。主に私が演奏、指導している和楽器。中国の二胡と混同されがちだが、胡弓は日本唯一の擦弦楽器である。竿は紅木。皮は表が猫、裏は犬。糸は三弦で絹糸を使用。駒は竹駒。そして、弓は馬の尻尾の毛で出来ている(楽器や用途によっては素材などに多少の違いあり)二胡は随分普及しましたが、胡弓はまだまだ珍しい楽器です。これからも母国の素晴らしい楽器、胡弓を益々知ってもらい、興味をもってもらい、胡弓奏者人口もどんどん増やしていきたいです。せめて日本人は、皆が名前くらいは知っている楽器になってほしいと思っています。どうぞこれからも私の活動を応援して下さい。ちなみに後援会はこちらです。※若林美智子後援会事務局(TEL:0766-82-2422・mail:mitubachi.ai@mopera.net)その他の問い合わせは若林美智子オフィシャルサイト:wm―kokyu.comまでお願いします。
2017-12-08

氷見温泉郷・総湯


2014年2月24日…現在一番遠い教室「鹿島教室」(石川県鹿島郡中能登町)の帰りによく立ち寄る日帰り温泉です。八尾から遠いので、移動だけで疲れます。鹿島教室の生徒さんは皆、真面目に一生懸命続けておられるので、私たちもがんばって通っています。「氷見温泉郷・総湯」で温まり、疲れを癒しています。※塩分の多い濃い温泉です。
2017-12-06

冬の長野(その19)


「冬景色」(その4)…ちょっと崩れてる雪像。獅子頭かな!?
2017-12-05

冬の長野(その18)


「冬景色」(その3)…雪の積もった「旧中村家住宅」※元禄11年(1698)に近在の大工の手で建築された民家で、建立年代が明らかなものとしてら、長野県内で最古とされています。江戸時代前期としては規模も大きく、古い様式を残していることから安永9年(1780)建築の土蔵と共に国の重要文化財に指定されています。












2017-12-04

冬の長野(その17)


「冬景色」(その2)…富山へ帰る途中…長野は凄い量の雪です。。※車内より撮影 
2017-12-01

冬の長野(その16)


「冬景色」(その1)…戸倉上山田温泉の街並み。屋根の雪降ろしもしてある様子で、除雪が完璧です。
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ