2016-08-31

伊勢神宮・式年遷宮(その43)


伊勢最終日…外宮の勾玉池に浮かぶ朱色の欄干の浮き舞台風ステージ。何度か、このステージでご奉納させて頂いていますが、雰囲気がとても良く、大変気に入っている素敵なステージです。以前、奄美の唄者・朝崎郁恵さんをお誘いして朝崎さんが神嘗奉祝祭に参加された時、初めてこのステージに立たれ、朝崎さんもいたく気に入っていらっしゃいました。その次の時からは、私達もこのステージに続けて立たせて頂いています☆
スポンサーサイト
2016-08-30

伊勢神宮・式年遷宮(その42)


伊勢最終日…若林美智子社中のバスも大入り満員。皆で、内宮から外宮に向かいました。
2016-08-29

伊勢神宮・式年遷宮(その41)


伊勢最終日…式年遷宮の年は、お祭りの参加者も、観光客も人数が違います。人があふれてすごい活気です。私たちの団体も過去最多の88名での参加。大型バス二台チャーターです。観光バスの台数もいつもとは違いました。
2016-08-28

伊勢神宮・式年遷宮(その40)


伊勢最終日…老舗「赤福」の前も人・人・人。昔から、お伊勢さんといえば「赤福」です!!
2016-08-27

伊勢神宮・式年遷宮(その39)


伊勢最終日…おはらい町の薬局も和風。暖簾には、富山の「六神丸」も。「サトちゃん」も懐かしい。昔、よく薬局で見かけたキャラクターです!!
2016-08-26

伊勢神宮・式年遷宮(その38)


伊勢最終日…輝と和も仲良くおはらい町で、自由時間を楽しみました。輝の持っている長い棒のような物はふ菓子「福福棒」輝がとっても気に入って買ったお土産!かなりの大きなですが、食べきれるのでしょうか!?
2016-08-25

伊勢神宮・式年遷宮(その37)


伊勢最終日…暖簾のかかった素敵なお店を発見!小料理屋さんかと思いきやよく見ると銀行でした。伊勢は銀行も和風です。。
2016-08-24

伊勢神宮・式年遷宮(その36)


伊勢最終日…風の中、街には、大勢の祭り装束の人々が溢れています。いつも観光客と参拝客が多いこの町ですが、式年遷宮のこの年は、やはり違いました。人、人、人。活気が違います。伊勢にとって、特別の年である事を改めて感じながら、人混みの中の一人となって、私も歩いていました。この特別な年にこの地に居られる事を感謝しながら…
2016-08-23

伊勢神宮・式年遷宮(その35)


伊勢最終日…地元の人かな!?四匹のかわいい犬を当時に散歩中!に遭遇!!私も昔、随分長い間、白のトイプードルの「チェリー」を飼っていました。同時に柴犬の雑種の「ラッキー」も飼っていました。子供の頃、とにかく動物が好きで、ありとあらゆる動物を飼っていました。家の中にも家の庭にも、飼育ケージがズラリと並んでいました。うちの子供たちもペットがほしいといいます。気持ちはとてもわかりますが、仕事で、何日も家を空ける事が多いので、世話ができません。今、飼っているペットは、たとえ何日か餌を与えなくても生きていられる亀二匹と金魚一匹。あと、和が飼っているクワガタの幼虫一匹。専用の菌糸ビンに入れて成虫になるのを首を長~くして待っています(笑)
2016-08-22

伊勢神宮・式年遷宮(その34)


伊勢最終日…和!五十鈴川に座って見返りピース。神様とおわらが大好きな和は、伊勢も大好きです☆この日は、いつもは御奉納する米俵を川曳きしますが、川が台風の影響で、増水しているせいか、沖曳きでした。私達は、沖曳きを今回、初めて見る事ができました☆
2016-08-21

伊勢神宮・式年遷宮(その33)


伊勢最終日…内宮では、この日も特設ステージが設けられ、お神楽などの式年遷宮の記念奉納が各所で行われていました。
2016-08-20

伊勢神宮・式年遷宮(その32)


伊勢最終日…強風の中、特別参拝のため、御垣内に向かって礼服で玉砂利を踏みしめて歩く、若林美智子社中の皆さん。今回は、身内も参加しました。前列左から私の叔母→従姉妹、そして前列真ん中が、今は亡き名取の若林秀美(わかばやしほずみ)さんです。式年遷宮のこの年が、秀美さんにとっては、最期の伊勢詣でとなりました。
2016-08-19

伊勢神宮・式年遷宮(その31)


伊勢最終日…内宮の御垣内にたどり着くには、かなりの距離があります。その間、きれいに掃き清められた玉砂利を踏みしめながら、整然と手入れをされた緑の庭と樹齢何百年という太い幹から気を頂きながら、静かに玉砂利の音を耳で感じ、歩くのが私は好きです。毎回毎回、この清々しい気に心が震え、目頭が熱くなります。
2016-08-18

伊勢神宮・式年遷宮(その30)


2013年10月16日…伊勢最終日、「越中おわら風の盆・若林美智子社中」一行は、うちのメンバーだけで、改めての特別参拝をさせて頂くため、朝一番に、内宮の御垣内に向かいました。台風が去り、一晩中吹き荒れた風が一夜明け一変して晴天となりません。ただ、台風の吹き返しなのか風だけがかなり強い天候。宇治橋からの五十鈴川も台風の名残、かなり濁っていてコンクリートを液体にしたような様相で流れていました。
2016-08-12

伊勢神宮・式年遷宮(その29)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭・打ち上げ…全ての行事とお参り、ご奉納を終え、宿に戻った「越中おわら風の盆・若林美智子社中」。皆、ホッとした表情で、良い疲れを労いながら、再び盛り上がりました。
2016-08-11

伊勢神宮・式年遷宮(その28)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭・交流会…参加の各々の団体が、会場を練り歩きながら各々の民謡を披露し盛り上がります。※「沖縄エイサー」(うるめ市天願区青年会)・二見シーパラダイスにて
2016-08-10

伊勢神宮・式年遷宮(その27)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭・交流会…各全国の参加民謡団体の奉納演奏のステージが終わり、各自持ち寄ったご奉納のお米の奉納も終え、行事は無事終了しました。その後は、お楽しみの交流会です。水族館「二見シーパラダイス」(三重県伊勢市二見)を貸し切っての盛大な打ち上げです。
2016-08-09

伊勢神宮・式年遷宮(その26)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭…大変お忙しい神嘗奉祝祭のボス!?お祭り男・奥野勇さんを捕まえて、貴重な2ショット!!私たちの伊勢神宮通いは、この奥野勇さんによる直々の依頼によってはじめりました。お名前の通り、勇ましい方です。この奥野さんの依頼により、私達の伊勢神宮通いが始まりました。毎年毎年欠かす事なく通い続け、9年目の参加です。「式年遷宮までは、毎年参加してほしい」と言われ、約束しました。その時は、その約束を果たせるのか自信はありませんでしたが、その年から、毎年毎年、何があっても欠かさず、「越中おわら風の盆・若林美智子社中」は、伊勢神宮に通い続けました。とうとう奥野さんとのいや神様との約束を果たす時がきました。式年遷宮の年がやってきました。そして、私達は、伊勢神宮にやってきました。
2016-08-06

伊勢神宮・式年遷宮(その25)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭…皆で持ち寄った一握りの新米を外宮に奉納して、台風の中、行儀は滞りなく終了しました。風はあまりなく、雨だけが、じっとりと張り付くように、長時間、降り続けていました。行儀終了後、皆でバスに乗り込み、交流会の会場「二見シーパラダイス」(三重県伊勢市二見町)へ向かいました。
2016-08-05

伊勢神宮・式年遷宮(その24)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭…鳥居と傘の参拝客。雨・雨・雨。傘・傘・傘。仕方ないです。台風に、しっかり重なってしまったのです。。
2016-08-04

伊勢神宮・式年遷宮(その23)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭…おはらい町の彫刻の店。たくさんの種類の彫刻刀が並べられていました。この道具で、素晴らしい作品が職人さんの手で、彫られているようです。すごい技術です☆
2016-08-03

伊勢神宮・式年遷宮(その22)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭…おはらい町の彫刻の店。「天照大神」も輝いていらっしゃいました。
2016-08-02

伊勢神宮・式年遷宮(その21)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭…おはらい町の彫刻の店。四天王!?強そう~!!!!
2016-08-01

伊勢神宮・式年遷宮(その20)


伊勢神宮・神嘗奉祝祭…おはらい町に彫刻のお店を発見!天然の木の形を大事にした土台に施された龍と七福神の彫刻!!
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ