FC2ブログ
2011-11-24

伊勢の旅・・・パート7


15日…神嘗奉祝祭の全行程を無事終了。夜には、「二見シーパラダイス」(水族館)を貸切、盛大に打ち上げ交流会が行われました。水族館の貸切というのもなかなか体験できるものではありません。入口では、看板トドが手を振ったり、ウインクをしたりして、愛嬌よく迎えてくれました。水族館の魚や動物たちが、長い一日の疲れも癒やしてくれました。打ち上げ交流会では、各参加団体が入り混じり、お互いの民謡を順番に披露しあい、和気藹々と楽しいひとときでした。私の所へも花笠の若い踊り子たちが「一緒に写真を撮ってくださ~い!」と集まってきて、仲良く記念写真を撮ったり、食事をとりながら、お酒を呑みながら、これぞ本来の直来!!と思いました。沖縄のエイサーのメンバーが差し入れてくれた「残波」(泡盛)も最高に美味しかったな~(笑) 出演者の皆さん、実行委員長をはじめ実行委員の皆さん、雨の中、一生懸命お手伝いして下さったご奉仕の皆さん、本当に本当にお疲れ様でした。お世話になりました。ありがとうございました。また来年も皆さん、伊勢でお会いしましょう!!
スポンサーサイト



2011-11-24

伊勢の旅・・・パート6


15日・神嘗奉祝祭・ご奉納演奏…私たちの社中は、もともと室内の会場「伊勢シティプラザ」(伊勢市)での出演でしたので、雨の影響もなく、たくさんのお客様の見守る中、おわらをご奉納させて頂きました。息子たちも今年は、二人揃って踊ってくれました。去年はまだ、輝は踊りましたが、和は嫌だ…と言って踊りませんでした。今年は約束通り、二人揃って踊ってくれました。一年でずいぶん成長したな~と思いました。もっともっと上手になって、八尾の担い手となる踊り子に成長してほしいですね。八尾も少子化ですから、子供の踊り子を育てる事は、本当に貴重だと思います。
2011-11-24

伊勢の旅・・・パート5


10月15日・今年の神嘗奉祝祭は、あいにくの雨でした。前夜祭も雨風が酷く、台風のような天候でした。それでもご奉納なので、やります!!‥~という事で、台風のよう天候の中、長野の素晴らしい打ち上げ花火がご奉納されました。普通の花火大会ならば、もちろん中止です。雨と風と花火が入り混じり降ってくる体験。なかなか出来るものではありません。観る方も風に吹かれ、雨でぐしょぐしょになりながら大変ですが、上げている方はもっと大変だった事でしょう。これぞまさしくご奉納!だと思いました。人間が大変な思いをして神に捧げるのが、本来の価値のあるご奉納なのではないかと思うからです。その誠を神が受け取られ、動いて下さるのでしょう。そういう意味では、今回のご奉納は価値のあるものであったのではないかと思います。新米を皆で、下宮に納めに行く時も、ずっと雨の中、演奏のご奉納もずっと雨の中、皆ぐしょぐしょになりながらも、全ての過程をこなしたのですから…きっとこの皆の誠を神様も受け取って下さる事でしょう。また今年、来年の風水の難を象徴するような祭事だったと思います。どうかこれからおきようとしている風水の難や災害を、大難は小難に小難は無難にして頂けますよう、祈るばかりです。また既におこったしまった災害については、一日も早い復興を祈るばかりです。このような天候でしたが、内宮への特別参拝(御垣内参拝)の時だけは、あんなに降り続いていた雨が奇跡的に上がってくれていました。そのおかげで内宮・御垣内までの長い道のり(砂利道)がどれだけ歩きやすかった事でしょう。これも神の御加護と感謝致しました。晴れの日も雨の日も、神宮の清々しさは、類をみません。この気を受けると、今年も来させて頂いて、本当にありがとうございます。という気持ちでいっぱいになります。集合写真も、雨の降らぬ間に撮る事が出来てよかったです。※写真は、「越中おわら風の盆・若林美智子社中」です。
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ