2011-07-31

すいか


と~ても大きいすいかを頂きました。冷蔵庫では到底入らず…お風呂場に冷たい水を張り冷やしました。大きなすいか…ものすごく重いのに、水に入れるとやはり浮きますね~輝も和もすいかが大好きなので、喜んでかぶりついて食べています。しばらくは毎日すいか!やはり夏はすいかですね!!
スポンサーサイト
2011-07-30

個展・パート3


7月28日・草場一壽さんの個展にて購入した先生の作品「ゆりかご」が今日、我が家に届きました。優しい色合い…私の大好きな蓮の花の中で安らかに眠っている花音ちゃんがとってもキュートです☆早速、お稽古場の床の間に飾りました。生徒の皆さんには、この「ゆりかご」の絵の効果で優しい音色になってくれるといいな~とちょっと期待!生徒さんの何人かの中にはいくら言っても力が入って、力が抜けなくて、いい音が出なくて、苦労されている方がいますので…胡弓って、恐ろしい程、その音色や弾き方に性格が出ます。特にそのような方には、効果が出てくれるといいのですが…東日本大震災のチャリティーのため、一緒に送られてきたプレミアムカード「新生」は、先生のサインいりだったので、和に「草場先生から和にサインいりカードが送られきたよ!」とカードをあげたら大喜びでした。「ゆりかご」も額の裏面に、先生のサインとお言葉入りです。ずっとずっと大事にしたい絵です☆☆   
2011-07-27

個展・パート2


陶彩画・草場一壽さんと先生の作品「大日如来」をバックに2ショット!! 大日如来様!本当に輝いていました!! そのせいか、写真は逆光!?この後、私は先生の作品「ゆりかご」を購入…本当に心安らぐ、優しい作品です。もうすぐ絵が送られてくるので、お部屋に飾るのが楽しみです☆そして夜には、草場先生とこの日一緒に「ヤマヒデホーム・秀夢木楽館」で個展を開催されていた天然素材の服の先生・さとううさぶろうさんらの講演も聴きました。とても宇宙的な視野の広いお話…命・魂をテーマに飾り立てなしに、正直に素直に語られていて、とてもいいお話しでした。皆さん、不思議な体験をお持ちのようで、私も不思議な体験を過去、たくさん経験しているので、とても共感できました。講演というより楽しいトークショーといった感じでした。このようなお二人の人間性だからこそ、あのような素晴らしい作品を産み出せるのだな~と思いました。草場先生の作品を見て、病気が治っり、なかなか出来なかった赤ちゃんが授かったりしている方が続出している…というお話しも頷けます。それだけのパワーがあるという事でしょう。また御本人の観音力や自然治癒力を引き出すパワーを持っているのでしょう。うさぶろうさんの天然素材の服を来て、アトピーや冷え性が治ったという方もたくさんをおられるそうです。私もステージ衣装に使えそうなデザインの気に入った服があったので、一枚購入!良い作品にたくさん出逢えて、とても良い一日でした☆ 家に帰って和に草場さんの個展に言って来た…と話すと、「いいな~いいな~ぼくの行きた~い!」と言われ、次の日、和と輝を連れて、もう一度個展に行く事に…実は和も草場先生の大ファンで、以前に購入した「観音力カード」の先生の絵の作品名をほぼ暗記している程なのです。個展に行くと「あっ!花音ちゃん」「大日如来様!」「花まつり!」「天照大神様!」と作品名を連呼して大喜び!!会場のスタッフも「うちのスタッフでもまだ先生の作品の名前を全部覚えていない人もいるのにビックリ!!」と驚いていました。先生の作品は子供の心も捉える力があるのかな~。とにかく和は大喜びで今回は「花唄」というカードを一枚購入…「今度先生に会ったら、絶対サインしてもらう~」と言っていました。この日はもう先生は帰ってしまって、居られませんでしたが、和は「もしかしたら、先生に会えるかもしれない…」と握手のために家で手を念入りに洗って出掛けた程です(笑)
2011-07-24

個展・パート1


7月17日・ヤマヒデホーム「秀夢木楽館」(井波町)で行われた「陶彩画」の巨匠・草場一壽さんの個展にお稽古の後、生徒たちと一緒に行ってきました。以前より先生のファンである私は、この日は先生の講演もあるという事で、お会い出来る事をとても楽しみにしていました。実際目にすると、その立体感と透明感そして、天界を感じさせるその素晴らしい色彩…原画の迫力に圧倒されました。美しい!!※写真では伝えられないと思いますが、ブログ用に特別許可を頂き、会場の雰囲気程度ですが、撮影させて頂きました。 神様や仏様の絵です。花の絵も素敵でした。
2011-07-14

暑中お見舞い申し上げます

毎日暑くて、寝苦しい日が続いています。皆さん!いかがお過ごしでしょうか?なんといっても今年のヒット商品は「ひんやりシート」でしょうね~ 実は私も6月に注文したのですが、注文殺到で品切れ…商品到着遅れ…との連絡を今日頂きました。家族みんなで、遅いね~まだかな~と暑い夜を首を長くして越えてきたのですが…到着は今月下旬になるそうです。一日も早く届いてほしいです。「ひんやりシート」待ち遠しい!!
2011-07-13

就活

娘の愛が今朝、大学にスーツで出掛けました。最近入学したと思っていたのに、もう三年生…早いものです。そしてそろそろ就活やらの時期になってきたようです。私自身は考えてみると正式に会社という組織に一度も所属した事がなく、所属しようと思った事もありませんでした。なので、就活の経験も無く、全く未知の世界です。大國さんも東京にいた頃、自分で会社を興し、社長をやっていた事はあったようですが、やはり就活の経験は一度もないといいます。さ~愛は、我が家では珍しい勤め人を目指しているのでしょうか?経験のない私たちには、何の助言も出来ませんが、つきたい企業があるのなら、希望が叶うといいな~と思っています。今の時代、就職難のようですね。就活の皆さん、がんばって下さい!!
2011-07-12

お寺でライブ・パート2


全龍寺ライブ…帰り際に、とってもかわいい風鈴付きのほおずきをおみやげに頂きました。風鈴が付いているだけでとても涼しげです。この青いほおずきがだんだんオレンジ色に色付いていくのかな?楽しみです☆ 
2011-07-12

お寺でライブ・パート1


7月10日・全龍寺(宇奈月町)という曹洞宗のお寺さんに演奏を依頼され、お寺でのライブを私と大國さんの二人で行いました。観音様のご供養の日だったようです。珍しく午前中のライブでしたし、八尾から宇奈月までは一時間以上かかるので、余裕を持って出なくてはと思っていたのですが、なんと私が出演時間を一時間、勘違いしてしまっていたらしく、余裕のはずが、大慌て…皆さん、既に席に座られ、首を長くしてお待ちの様子でした。慌ただしく準備をして即本番となりました。「荒城の月」や「花かげ」など懐かしの日本の曲や「アマポーラ」「ダニーボーイ」など外国の曲も何曲か演奏しました。この暑さの中、慌てて準備し、一生懸命演奏したので、二人共汗だくです。最後には、皆さんに輪になって頂いて、一足先の風の盆気分で輪踊りを楽しんで頂きました♪   演奏が終わるとご住職よりドッシリと重い立派な立派な百合の花束を「感謝の気持ちです!」と…いつも思うのですが、私たちの仕事は、皆さんに直接喜んで頂いて、その喜びを直接実感させて頂ける仕事なので、本当に有り難いな~と思います。だからこそやりがいがあり、少しでもお客様に喜んでもらえるようにと、一生懸命、精進努力できるのではないかと思います。天職を与えて頂きました事、いつも神様、仏様、守護神様、ご先祖様に感謝しております。
2011-07-11

地元で演奏♪


7月9日・なりひら風の市(八尾町上新町)、私の地元で、東日本大震災のチャリティーコンサート「いのちといのりのコンサート」を有志のミュージシャン数組と行いました。今年の暑さは異常ですから、私たちのグループ「山から海へ」(メンバー:若林美智子・胡弓・歌、大國徹・バンドネオン等、サスケ・ギター、谷中秀治・ベース)の出番は午前11時~でしたが、午前中からもの凄い暑さで…テントが張ってあるものの野外でしたから、楽器自体が熱くなっていました。胡弓は特に高温多湿に弱いですから、最後まで皮が持つのかな~途中で破れるんじゃ~ないかな~と思いながらもどうにか演奏を終えました。はっきり言って、胡弓を演奏できるような状況ではありませんでした。「黒いオルフェのテーマ」の演奏中には、湿気でチューニングがド・ドドっと下がり…まずは私と大國さんの2人で本当は3曲弾くつもりだったのですが、無意識に早く終わりたかったのか、3曲目の事をすっかり忘れて2曲で切り上げてしまっていました。今まで演奏した中でもワーストワンの状況だったような気がします。「山から海へ」の記念すべき初ライブ…それも地元での演奏だったのに…演奏は納得のできるようなものではありませんでした。だけれども、今回の目的は、東日本大震災のチャリティー…被災地に届ける物資や義援金はそこそこ集まっていたみたいで、よかったです。カフォーンという楽器の穴の部分に義援金を入れ、参加者全員カフォーンに記念のサインをしました。 このカフォーンごと被災地に義援金が届けられるのです。もとはといえば、シンセサイザーの滝沢卓さんらが、交流のある被災地のミュージシャンから楽器も全て、津波で流されてしまった…という状況を聞き、被災地に楽器を送ろう…という思いで、積極的にチャリティーコンサートを行っていらっしゃるそうです。今回はそのコンサートに私たちも「てくてく」というバンドの沼田さんからお誘いを受けたので、参加させて頂いたものです。いろいろな物資の中には主旨通り、楽器もたくさん集まっていたようでした。一日も早く被災地の皆様が心から音楽を楽しめるような状況になりますよう…祈るばかりです。それにしても、見ていた観客の皆様も命がけの暑さだったでしょうね。それでも、ものすごい暑さの中、防護服を着て、原発の復旧作業を命がけで行われている方々の事を思えば、暑いとボヤいてばかりもいられませんね。本当に作業員の皆様には感謝の思いでいっぱいです。 国民を代表して作業にご尽力下さっている皆様!本当にありがとうございます。また今回のあ・つ・いライブ♪に参加されました皆様!本当にお疲れ様でした☆ 
2011-07-10

スープカレー

7月7日・高岡教室のため高岡へ行き、「スープカレー・マルナ」(高岡市)で夕食。ここのお店にはたくさんの種類のスープカレーがあります。今回は私は、納豆スープカレーにしてみました。実は私は納豆が苦手なのですが、今日は敢えてこれに挑戦!意外と美味しかったです。スープカレーの納豆は食べられました。注文の時にご飯の量と辛さの度合いが選べます。高岡教室の時にはよくこのお店に行っています。偶然にもここのお店は、木曜日がカードのポイントが二倍サービスデーで、私は高岡教室の日が木曜日なので、木曜日ばかりの来店となり、必然的にポイントがすぐ貯まります。ポイントがいっぱいになると、300円割り引いてくれます。高岡のお気に入りのお店です!!
2011-07-07

バンド名、訂正!

前回のブログで私と大國さんとサスケさんと谷中さんの4人のグループ名を「山から川へ」とご紹介しましたが、昨日4人で練習(手合わせ)した時に、谷中さんに確認したところ、「山から川へ」ではなく「山から海へ」だった事が発覚しました。そこで訂正いたします。私たち4人のバンド名は「山から海へ」です。より一層、ダイナミックな名前となりました。「山から海へ」… 皆さん!よろしくお願いします!!
2011-07-06

近々の演奏の予定♪

7月9日(土)は、上新町商店街・なりひら風の市(八尾町上新町)にて… 東日本大震災のチャリティーコンサートに参加する予定です。私たちは今回4人…若林美智子(胡弓・歌)、大國徹(バンドネオン等)、サスケ(ギター)、谷中秀治(ベース)のグループで演奏します。私たちの演奏時間は午前11時~です。私たちの他にも何組かの方が次々に演奏される予定です。この4人では、7月19日にも滑川で演奏を依頼されていますので、この2回の4人での演奏の練習(手合わせ)を今夜する予定です。ところでこの4人で活動する時のグループ名を付けてほしいと演奏の主催者側から谷中さんに要望があったらしく、ネーミングを谷中さんにお任せしたところ「山から川へ」というグループ名になりました。まだ名付けられたばかりでピンと来ませんが、何やら合い言葉のような…谷中さんらしいユニークなネーミングですね。たぶんこれからも益々、活躍するであろう…ニューバンド「山から川へ」をどうぞ皆様、よろしくお願い致します。私の勝手な解釈ですが、「山から川へ」は、自然の流れのようなバンド…の意味が込められているのではないでしょうか。大自然の流れを感じ…素朴な中にもダイナミックさを感じるネーミングで、さすが谷中さんならではのネーミングだな~と思っています。という事は、7月9日のなりひら風の市での演奏が、「山から川へ」の第一回目のライブという事になりますね。第一回目が、地元・我が町とは、これもまたご縁を感じます。そういえば、大國さんともサスケさんとも谷中さんとも、八尾町の「坂のまちアート」の時にこの八尾町で初めて知り合ったのでした。大國さんと谷中さんとは、約12年前…大國さんは横浜から富山へ戻って来たばかり…谷中さんはニューヨークから富山へ戻って来たばかりの頃でした。サスケさんとは約5年前…サスケさんにはその後、ちょくちょく私のコンサートにも参加してもらうようになりました。ギターやベースが入ると、胡弓では珍しいノリの良い曲も演奏できるので、私も楽しんでいます。これからの「山から川へ」の演奏活動も、どうぞお楽しみに♪ そしてその次の日、7月10日(日)には、宇奈月の全龍寺というお寺より依頼を受け、全龍寺(宇奈月町)で正午~演奏する予定です。この時の演奏は、私と大國さんの2人での演奏です。演奏の最後には、会場の皆さんにも、おわらの輪踊りなども楽しんで頂こうと思っています。こちらもお楽しみに☆
2011-07-06

胡弓のバトン

7月5日・とやま健康生きがいセンター(富山市)の教室の日でした。新しい生徒さんが一人、入会されました。その方は、今年の4月に急にお亡くなりになった私の生徒さんの姪にあたる方で、「叔母の胡弓を引き継いで、習うことにしました…」という事でした。久しぶりにその胡弓に会えてとても嬉しい思いでした。まだ買い換えられたばかりの新しい紅木の胡弓だったので、残された胡弓…誰も使ってくれないのだったら、本当にかわいそう…と不憫に思っていました。姪っ子さんが使って下さる事になって、本当に良かったです。きっと胡弓も喜んでいると思います。久しぶりに聞くその胡弓の音色は、何だかそういう音色に聞こえました。その上、その方は妊婦さんで、何となく命のバトンも感じました。初めての待望の赤ちゃんだそうです。胡弓の音色が良い胎教となり、元気な赤ちゃんが産まれてきますように…☆
2011-07-03

南部さんと…


7月2日・BBピアノの南部さんと「ステーキハウス・胡弓」で楽しいひとときを過ごしました。大國さんが以前より使わなくなった中古のファゴットを誰か買ってくれる人いないかな~と言っていました。南部さんに相談したところ、南部さんのブログに紹介してくれました。それがきっかけで、宮崎県の中学生が買ってくれる事に決まりました。めでたく大國さんのファゴットは遠くへお嫁?に行く事になりました。楽器は使ってあげないと本当にかわいそうです。新たな主の元で再び楽器として活躍できる事になり本当に良かっです。南部さん、仲人?ありがとうございます…という事で、大國さんのご招待でした。いろいろなお話しをしながら楽しいひとときでした。もちろん、ステーキもおいしかったです☆
2011-07-02

永代経法要

7月3日(明日)・恒例となり毎年伺って演奏させて頂いております「永代経法要」に専能寺へ参ります。 今年は、「赤とんぼ」や「ふるさと」などおなじみの童謡を三味線と胡弓で聴いて頂きたいと思っております。皆様、お楽しみに…☆
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ