2011-06-30

久しぶりに…

風邪をひいてしまい、なかなかスッキリしません。咳も止まらないので、医院へ行き、薬をもらってきました。これでしっかり治したいと思います。仕事が忙しく休む事が難しい私ですが、今日の高岡教室は3人の代講の先生にお任せして休ませて頂きました。生徒が育ってくれて教えるお手伝いを何人かしてくれるようになり、こんな時は本当に助かります。生徒の皆さん、ありがとうございます。明日の仕事は休む訳には行かないので、今日はしっかり休んで、明日の仕事に備えたいと思います。明日は、砺波教室で、新しく入会された生徒さんと見学体験希望の方がいらっしゃいます。胡弓に魅力を感じ、楽しく学んでいって頂けると嬉しいです。初めたばかりの頃は、きっと不安と期待でドキドキワクワクな事でしょう☆
スポンサーサイト
2011-06-26

命日

6月26日・今日は、亡くなったおばあちゃんの祥月命日です。生前は、私を幼い頃から育て下さり、曾孫たちの面倒までも、喜んでみてくれていた大事な大事なおばあちゃんでした。仕事の忙しい私は、どんなに助かったか事でしょう。おばあちゃんが亡くなった時はまだ小さかった和も、なんとなくおばあちゃんの事を覚えているらしく、おばあちゃんの事を好きだと言っています。七夕の願い事に、「おばあちゃんが生き返りますように…」と書こうと思ったけど、ゾンビになると怖いから止めた…と言っていました(笑)葬儀の時は、箱に入って、お花に囲まれているおばあちゃんを不思議そうに何度も何度も見ていました。この間、講演をお聞きした時に青木新門さんも言っていらっしゃいましたが、子供たちに自分を可愛がってくれていたおじいちゃんやおばあちゃんの亡くなった姿(顔)を見せる事が欠かせない、とても大切な事だと…私も本当にそう思います。わからないながらも死を受けとめて行く事は人間にとつてとても大切な事だと思います。祥月命日を迎え、改めて生前のおばあちゃんに感謝の一日を過ごしたいと思います。
2011-06-26

紫陽花


6月25日・梅雨真っ最中…目が覚めるような青の紫陽花が、雨を喜ぶように綺麗に咲いていました。
2011-06-24

梅雨

今年の梅雨はものすごく気温が高く、湿度が高いです。昨日は一時的に集中豪雨にみまわれました。かなりの蒸し暑さで、高温多湿の最たるものです。このような気候は人間も苦手ですが、楽器にとっても苦手な気候です。楽器全般的に湿度が高いと響きが悪くなりますね。胡弓や三味線も皮が破れたり、ずれたりし易いです。生徒の皆さんも楽器の管理に気を付けてください(注意)
2011-06-24

金沢はやっぱり金粉!


6月18日・金沢教室でした。まず初めにいつものように、東山のお稽古場に向かいました。途中、美味しいそうなソフトクリームを売っているお店を見つけ、買いました。ちょっと高め~と思ったら、金粉がのってました。やっぱり金沢といえば、金粉なんですね~(キラキラ)
2011-06-24

長野で…パート5


奈良井から松本へ…帰りはずっと高速を使わず、一般道を走ってきました。途中、松本でログハウスの喫茶店を見つけ、立ち寄りました。「カフェ・ガト・アスール」というお店です。たまたま偶然に立ち寄ったお店なのですが、思いの他、面白いお店でした。このお店のマスターが、ものすごいオーディオマニアで、珍しい機器がたくさんあり、マスターの手作りというスピーカーも相当良い音だったからです。マスターの話しによると、インターネットオークションなどで、安価なプロ用の中古機材を買い、自分で直したりして使用しているそうです。※写真は、お店の一角…「オタリ」の2トラックマスターレコーダー(2台)です。左下に移っているのが、マスター手作りの高音質のスピーカーです。その他にも大変マニアックな機材がたくさんありました。 
2011-06-23

長野で…パート4


奈良井の塗り櫛販売問屋跡「中村邸」を見学。間口は狭く奥に長い町屋の家屋。うなぎの寝床と言われる建物です。日本の古い町屋にはこのような形式の家が多いですね。八尾の旧町もそうですね。昔は間口の広さで税金を決めていたので、このような建て方になったとも聞いています。ここの町並みは、NHK連続ドラマ「ひまわり」の撮影地となった場所です。この中村邸も飴屋さんとして登場していたそうです。最近はこの「ひまわり」のロケ地という事で訪れる観光客も多いそうで、「あの飴屋さんはどこですか?」とよく聞かれるのですがあの飴屋は、撮影用のセットで、もう片付けられています。残念ながら架空のお店です。と館内案内の方が、撮影当時の飴屋のショーウインドーの並べられた写真を見せながら、説明しておられました。 写真は蔵に所蔵されていた櫛と資料の一部です。※本当は撮影禁止ですが、特別許可を頂き、撮影させてもらったものです。
2011-06-22

長野で…パート3


奈良井の町並みです。日本風の古い町屋の町並み。何となく八尾の諏訪町通りにも似ていますが、お店の数はぜんぜん多いですね。観光地らしい感じになっていました。さすが長野…お食事処はお蕎麦屋さんが多かったです。私たちの入ったお店は、以前秋篠宮様御一行が、ご来店られたお店だそうで、その当時の写真が大事そうに家宝として飾れらていました。お蕎麦とごへいもちのセットを食べました。
2011-06-22

長野で…パート2


6月12日・長野県上伊那郡中川村の帰り道…奈良井の町に立ち寄りました。駐車場に車を停めて、近道となっているこの山道の階段を上りと奈良井の町並みに出会えます。
2011-06-20

長野で…パート1


6月11日に長野県上伊那郡中川村にある「中川村文化ホール」にて、昨年より約一年…第二回のコンサートを行いました。昨年は当日入りし、大変慌ただしかったので、今回は前日入りされて頂きました。また昨年は私と大國の二人で演奏しましたが、今年は、竹笛・後藤剛史と三人、亜人亜のコンサートを中川村の方々に聴いてもらう事ができました。ちょうどこの日は東日本大震災より3ヶ月目、コンサートとは黙祷より始まりました。昨年と同じく、法螺貝の音の後、私の風の盆、町流し風の越中おわら節から聴いて頂きました。ホールのコンサートの前には、昨年もお邪魔した高齢者通所施設の「かつら」にも演奏に伺い、地元のおじいちゃん、おばあちゃん達にも三人の演奏を聴いてもらいました。施設では、私たちの名前が覚え難いと思ったので、大黒・弁天・戎と紹介しました(笑) 昨年は思いもかけず、行ってみたらホールに音響を調整する方がおらず、大変音作りに苦労しましたが、今年は、プロの業者さんが付いて下さったので、音響に苦労する事なく心地よく演奏する事ができました♪ 演奏終了後のアンケートにも昨年も来て下さって方も結構いらっしゃって、昨年より音が一段と良く…というご意見に、そりゃそうだろうな~と苦笑いでした。特に私たちのような繊細な音の楽器のコンサートには音響が命です♪♪終了後にはCDもたくさん買って頂き、喜んで頂いた様子、良いコンサートになり本当に良かったです。主催者の方には来年も是非…と言って頂けましたので、来年はより素晴らしいコンサートを目指したいと思います。恒例のコンサートの場合、演奏側も毎回、バージョンアップしなければなりませんね。中川村の皆様、来年もお楽しみに…☆ 
2011-06-20

チャリティーイベント・その4


チャリティーイベント(とやま健康生きがいセンター・富山市)、私と大國の二人は、午後からのプロの部で演奏しました。「越中おわら節(独奏)」「道(オリジナル曲)」「花」「アメイジング・グレイス」の4曲を被災者の皆様の事を思いながら演奏しました。私たちの他にもヴァイオリンなどの方々も演奏しました。後日、とやま生きがいセンターに行くと、チャリティーイベントで80万円弱の義援金が集まった事の報告が張り出されていました。たくさんのお客さんが集まり、たくさんの義援金が集まり、大成功のイベントとなり、本当によかったです♪私はこれからも積極的にチャリティーイベントやチャリティーコンサートに参加していきたいと思っています。7月9日には地元の「なりひら風の市」(富山市八尾町)のチャリティーイベント…そして8月7日には、兵庫県神戸市で開催される東日本大震災チャリティーイベント「ハーバーランドの日」にも参加する予定です。神戸には生徒たちも引き連れて、大型バス一台をチャーターし約50名の大所帯で参加する事になりました。賑やかな旅となりそうです♪♪ 
2011-06-18

チャリティーイベント・その3


チャリティーイベント(とやま健康生きがいセンター・富山市)…午前中は生徒の部でした。名取さんを中心にみんなで心を合わせて胡弓の演奏を披露♪ 私は少しドキドキしながら、お客様気分で、客席から生徒の皆さんの演奏を聴かせて頂きました♪♪ 胡弓の他にもベリーダンスやキッズダンスやコーラスなどの皆さんも参加されていました。
2011-06-17

チャリティーイベント・その2


東日本大震災チャリティー・イベント(とやま健康生きがいセンター・富山市)…もうすぐ本番…控え室で生徒の皆さんで最後の手合わせ♪
2011-06-16

チャリティーイベント・その1


6月5日・東日本大震災チャリティーイベントがとやま健康生きがいセンター(富山市)で開催され、私たち胡弓教室も参加しました♪ 写真は、控え室で生徒の皆さんが、各自練習に励んでいるところ…今回のイベント参加者、唯一の男性生徒・廣田さんは、なんと手作りというピンクに水玉の超かわいいネクタイの衣装で、張り切っておられました。ス・テ・キ☆ 
2011-06-16

小矢部で…パート5


津沢の夜高あんどん…あんどんの赤がとても綺麗でした。今は電気だけど、昔は蝋燭だったそうなので、炎のゆらめきがあり、今以上に迫力があって素敵だったのだろうな~と想像しました。なぜなら、八尾の曳山も今は電気の光ですが、昔は蝋燭の炎で、角をまわす時などは揺れて蝋燭の炎で提灯が燃えて落ちたりして、不謹慎かもしれませんが、私はそういう部分にとても日本の祭りを感じて好きでした。なので、昔このあんどんも蝋燭だった頃はこの大きなあんどんが燃えたりしたんだろうな~。迫力あっただろうな~。と想像しました。この大きなあんどんが次々にぶつかり合い、迫力でした☆ 子供たちが囃し方を担当しているようで、小さな子供たちが、笛や太鼓を上手に演奏しているのでビックリしました♪ 子供たちの真剣な表情がステキでした。小さい頃からこういう地元のお祭りに携われるって本当いい事だと思います。そういう意味では八尾の子供たちは、おわらも曳山もあり、本当に幸せな環境だな~と改めて思いました。また当たり前のように毎年行われているけれど、平和だからこそお祭りが行えるのです。この事自体に感謝しなければならないと思います。東日本大震災の被災地では、伝統的なお祭りを中止にしなければならない事態です。長年このお祭りに携わってきた方々はどんなに残念な思いをしていらっしゃる事でしょうか?一日も早く、平和な暮らしを被災地に…と願うばかりです☆
2011-06-13

小矢部で…パート4

「魚政亭」の屋根の上に飾られていた「風神」のあんどんです。やはり風神雷神は対なのですね。向かって左側には雷神、向かって右側には風神でした。
2011-06-12

小矢部で…パート3


「魚政亭」(小矢部市津沢町)の屋根の上に飾られていた「雷神」のあんどんです!! 
2011-06-11

小矢部で…パート2


コンサートの後、ちょうどその日は、津沢の夜高あんどん祭りだというので、お祭りを見るために夜まで小矢部で過ごしました。各家の前などに素敵な図柄のあんどんがたくさん飾ってありました。津沢の町の人たちは一年中このお祭りの準備に力を注いでおられるそうです。お祭りに対する意気込みがすごいな~と思いました。津沢の人たちは、小さい頃からあんどん作りに携わっているからみんな絵が上手くなるのかな~と思いました。
2011-06-05

小矢部で…パート1


6月4日・「クロスランドおやべ・セレナホール」(小矢部市)で大國と二人でコンサートを行いました。今回の演奏は「小矢部更生保護女性会」の50周年の式典に記念演奏を依頼されたものです。「越中おわら節 (独奏)」をオープニングに、昔なつかしの曲「花かげ」や「宵待草」…キーボードの伴奏で「月の沙漠」「ダニーボーイ」も演奏しました。アンコールには「アメイジング・グレイス」を演奏しました。終演後には小矢部の名産のとても美しい薔薇の花束を頂きました。皆様には大変喜んで頂いた様子で何よりでした。写真は、リハーサルの後、昼食をとったとても素敵なお店「魚政亭」(小矢部市津沢町)の和室からとったお庭です。大正ロマン風な館や数々のアンティークの品々、センスの良さにビックリです!なんとその内装は魚政亭のご主人がご自分で手がけられたとか…あまりの凝り方に唖然です!!本当に素敵なお店です。皆さん、小矢部にお出かけの際は是非、魚政亭へ…     
2011-06-03

きれいな薔薇


「ピアノリメーク工房・BBピアノ」の南部直人さんの育てた淡いピンクの薔薇です。南部さんは、お花を育てているととても落ち着く…と言っておられました。その愛情が、きっとこんなきれいな薔薇を咲かせているのですね☆
2011-06-03

Dr.セラピーフィッシュ


和が「Dr.セラピーフィッシュ」に挑戦!!足を水槽に入れるとものすごい勢いで、フィッシュがよってきました。足の角質などを食べてきれいにしてくれるとか…かなりくすぐったいようで、大きいフィッシュは少し痛いと言っていましたが、和は15分間最後まで我慢していました。完了後は、とてもすっきりきれいな足になりました☆
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ