FC2ブログ
2011-04-20

ご冥福をお祈りします


私の大事な生徒さんが、あまりにも突然、この世を去ってしまいました。高岡と砺波の両方の教室に熱心に通われていて、とっても明るい感じで、とてもよく喋りよく笑い、お仲間の中でもムードメーカー的存在の方でした。2月の半ばに本人から私に電話があり、「先生、私、病気になってしまって、今、入院していて、しばらくお稽古に行けなくなってしまいました。でも胡弓の音はとても癒されるし好きなので、必ず病気を治して復活しますから、私の事、忘れずに待っとって下さい。」と仰いました。私は、「もちろん、待っとるよ!」と答え、いつも一緒にお稽古しておられるお仲間にもその事を伝え、みんなで復活されるのを待っていました。そんなみんなの気持ちのあらわれなのか、いつもその方が座られていた席は、空けてありました。去年までは本当に元気で、発表会にも忘年会にも名取襲名披露宴にも出席され、あんなに楽しそうだったのに、人間の命って、こんなに儚いものなのでしょうか!?残念としか言いようがありません。お葬儀に参列しました。出棺の時に、昨年9月5日に金沢で行われた発表会の時、私たちと一緒に演奏された「荒城の月」が流されました。あの時、録音しておられたんだ~♪♪ それにしてもこんなに悲しい曲だったかな~?? 胡弓の音色はよく、哀愁を帯び…などと表現されますが、この時の「荒城の月」は、本当に切ない響きでした。写真のプリザーブドフラワーは、彼女より「先生!いつもお世話になってます☆」と言って、プレゼントして頂いた作品です。こんなきれいな作品が作れるなんてすごい!!と思って感動し、とても気に入っていました。この作品も私にとっては大切な形見となってしまいました。心よりご冥福をお祈り申し上げます(合掌)
スポンサーサイト



プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ