2010-06-28

三回忌法要

6月26日の祥月命日の日におばあちゃんの三回忌法要を勤めました。早いものです。おばあちゃんは6月12日生まれだったので、6月に生まれて6月に死んでいきました。なので6月には特におばあちゃんの事を思い出します。誕生日に毎年楽しく誕生祝いをした思い出…慌ただしく哀しいお葬儀の思い出…紫陽花の季節、6月です。おばあちゃんはとてもおしゃれな人だったので、お店でおばあちゃんの好きそうな洋服を見付けるとよく買っていってプレゼントしました。するといつもとても喜んでくれました。その顔みたさについ買ってしまうのです。つい今でも、おばあちゃんに似合いそうな洋服を見付けると、あっ!この服おばあちゃんに似合いそう…と思ってしまいます。その瞬間!あ?そっか?もう買ってあげられないんだ?と思います。その度に切ない気持ちになります。今回の法要は、家族だけでお寺へ行ってお参りしました。ちょうど和歌山の生徒さんがお稽古にいらしていたので法要後、その生徒さんにも三味線を弾いてもらって、「さくら」と「越中おわら節」をおばあちゃんに供奉しました。おわらは、最初にわたしが「南無阿弥陀佛…」の歌詞で歌いました。三味線は和歌山の生徒さんと徹州さん、胡弓は私、そして歌は、専能寺の坊守さんに歌ってもらいました。実は専能寺の坊守さんは以前、私に三味線と胡弓を習いにいらしていて、弾き語りもよく練習していらしたのでおわらも上手に歌われるのです。それで、久しぶりに歌って下さい…とお願いして歌ってもらいました。同じ日に専能寺の「永代経」があり、私たちは毎年恒例で演奏を依頼され、演奏に行っていて今年も二人で演奏させて頂きました。いつも2、3曲演奏しますが、最後は「恩徳讃」というお寺の曲を演奏し皆さんに一緒に歌ってもらっています。そういう訳で、6月26日は専能寺さんを行ったり来たりのお参りの一日でした(合掌)
スポンサーサイト
2010-06-25

演奏旅行・長野・パート3


6月20日、長野県上伊那郡中川村での演奏を終え、長野市の後藤さんのアトリエ「アート・マル」へ立ち寄りました。後藤さんの絵が床一面に書いてあるイタリアンレストランへ連れていってもらい、昼食を一緒に食べました。パスタが平たくて太くて、本格的な感じで、とても美味しかったです。後藤さんのアトリエは、後藤さんの仕事場にはピッタリな感じのところでした。とても不思議なビルでした。4階建てなのですが、中にはエレベーターも階段もなく、外に付いている螺旋階段だけで出入りするそうです。冬とかは凍ったりしたら、かなり怖そうだな?と思いつつ…凍ってなくても怖いや?と思いながら… 後藤さんとも久しぶりにゆっくりお話しできて楽しかったです。  来年の中川村のコンサートには、後藤さんも是非、よんでもらいたいな?今度は、 亜人亜の演奏を聞いてもらいたいな?と思っています♪ 後藤さんと別れて八尾へ向かいました。 
2010-06-22

演奏旅行・長野・パート2


6月19日・「中川村文化ホール」(長野県上伊那郡中川村)にて、私と大國さんの2人でコンサートを行いました。音響の良いホールと聞いていたので、楽しみにしていました。行ってみると、まだ新しい感じで、客数も300名ぐらい入れるホールで、私たちのコンサートをするにはちょうどよい大きさのホールです。音響機材も揃っているようなのですが、音出しを始めてからちょっと戸惑いました。いつもの調子で音を指示すれば、エンジニアの方に調整してもらえるものと思っていたのですが、「リバーブをかけてくださ?い!」と言ったところ、返ってきた答えが「できませ?ん!!」でした。えっ!!!どういう意味なんですか??という感じだったのですが、実は、機材は揃っているのだけれども、扱えるエンジニアがホールに居ない…と言うのです。そんな大事な事、先に教えくださいよ?と思いました。仕方なく大國さんが調整室に入って、自分たちでどうにか…という感じでした。そんな状態でリハーサルを終え、楽屋に戻ろうした時、一人のおじさんが入ってきました。「お忙しいところすみません!是非サインをお願いします!!」と色紙とマジックペンを渡されました。名刺も下さいました。なんか見た事ある名前…と思いました。そのあとおもむろに一枚の年賀状を見せられました。なんと私の花嫁姿の年賀状です。その方は、ずいぶん前からの私のファンの方で、風の盆にも私の町流しを見るために毎年、八尾にいらしているという方だったのです。私はファンの方から年賀状を頂いた場合、なるべく返信するようにしているので、その方は私からの年賀状を大事に持っていらしたようなのです。それも何年も前のもの… 風の盆ファンは、全国にいらっしゃると聞いてはいましたが、初めて訪れた中川村でこんな熱狂的なファンにお会いできるとは…自分の花嫁姿を見る事になるとは思ってもいませんでした。その方は、長野といっても諏訪の方なのですが、わざわざ中川村まで観に来て下さったようです。どれだけこのコンサートを楽しみにして下さっていたかが、意気込みで伝わってきました。その他にも私の事を知って下さっている方がたくさんいらして楽しみにして下さっているとお聞きして本当にビックリしました。それでも人口は少ないと聞いていましたし、どのくらいお客様が来て下さるんだろう…と少し心配でした。開演しステージに出てみると客席が満員でした。今回のコンサートのオープンニングは、お寺の方が法螺貝を吹きながらステージを練り歩き、その方と入れ違いで私と大國さんが胡弓と三味線を吊って、ステージを町流し風に練り歩いて登場。お客様は胡弓が聞けると思ったら法螺貝?という感じでなかなか面白いオープニングだったのではないでしょうか(笑) もちろん一曲目のオープニングの曲は「越中おわら節」だった訳ですが、おわら演奏後、「風の盆にいらした事がある方いらっしゃいますか?拍手してみてくださ?い」と問いかけてみましたら、かなりの方が拍手を返して下さったので、これにもまたびっくりでした。演奏終了後サイン会をしましたが、お客様が行列となりCDもたくさん買って頂きました。また打ち上げの時に、アンケートを読んで下さったのですが、まずスタッフもアンケートを書いて下さった方の多さにびっくりしていました。アンケート用紙の束がドッサリ…どんなコンサートでもこれだけアンケートを書いてもらえる事がまずない!と… そして、本当に喜んでもらえたんだ?と実感できる数々のお言葉を聞かせて頂き、私たちも感激でした。「来年も是非来てください!待ってます!!」「風の盆に必ず行きます!」というお言葉もたくさんありました。本当に遠くまで演奏しに来た甲斐があったな?と思いました。という事で、来年の中川村コンサートが早くも決定となりました。皆さん、来年も行きますね?♪ 本当によいコンサートでした。延寿院様、かつら様、スタッフの皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした☆  来年もお会いしましょう! 風の盆には八尾でお待ちしております!!
2010-06-21

演奏旅行・長野・パート1

6月19日・長野県上伊那郡中川村の「中川村文化ホール」で私と大國さんの2人でコンサートを行いました。ホールのコンサートの前に今回のコンサートを依頼・企画して下さった延寿院ご住職の経営されている老人介護施設「かつら」での演奏を依頼されていたので、まずは「かつら」で演奏しました。利用者さんに喜んで頂けるように、「ふるさと」「花かげ」「宵待草」など大正時代?昭和初期ぐらいによく歌われたと思われる歌を選曲して演奏しました。すると、皆さんとても上手に楽しそうに一緒に歌って下さって…何よりもビックリしたのが、歌詞を全部覚えて歌っていらっしゃる事でした。それで私は、ここの利用者さんたちは、頭がしっかりした方ばかりなのだな?と感心していたのです。演奏が終わると皆さん、手を振って送ってくれました。演奏後、施設の介護者の方が熱心にお礼をされ、「私はもう嬉しくてびっくりして…涙がこぼれました!」とおっしゃるのです。その方の話しを伺うと、先ほどあんなに上手に歌っていらっしゃったおばあちゃんたちは、皆さんとても痴呆が進んでいて、いつもは大変な状態なのだ…とおっしゃるのです。その言葉に私は一瞬、耳を疑いました。あの歌詞も全部覚えて歌ってらっしゃったさっきの元気なおばあちゃんたちがですか??と…、するとその方は、だから私もびっくりして嬉しくてその姿をみて涙が止まらなかったのです。と…… 「もう夕方になると夕飯の支度をしに家に帰らなくては…と毎日毎日、そわそわして大変なんですよ?!!」 その事実を知って、私も何だか涙が… 「だから今、演奏してもらった事も、もう忘れてしまっているかも知れません。それでも、楽しかった…嬉しかった…という感情だけは、心に残るようなんですよ?」とおっしゃいました。今日ここで演奏させてもらって本当に良かったと思いました。私もいずれ年をとり、全てを忘れてしまっても胡弓だけは弾いていたいな?と思いました♪
2010-06-16

もうすぐ…

6月19日に、長野県上伊那郡に演奏旅行に行きます。初めていくところなので、とても楽しみです。今度演奏に行く場所は、田舎の方だそうですが、とても音響にこだわって造られたホールと聞いています。人口も少ないと聞いていますが、今回は既にたくさんのチケットが売れていて、皆さん楽しみにして下さっているようです。そしてなんと、今回のコンサートが終わってもいないというのに、来年も来てください…と言ってくださるので、来年のコンサートも決定です♪嬉しい限りです☆ 今年は、大國さんと2人の演奏なので、来年は、亜人亜で…後藤さんも一緒に、3人で行けたらいいな?と思っています!!
2010-06-13

継続は力なり

生徒さんのお話を聞いていると、皆さんそれぞれ苦手な箇所があり、そこに差しかかると、自分に「できない!できない!」と暗示を掛けてしまうようですね!! 本当はできるのに…できない!上手くいかない!と思いつつもず?っと諦めないでしつこく練習していると、ある時コツがつかめたりするものです。とにかく、自分の腕前を過小評価も過大評価もせず、冷静に自分のレベルに合わせて慌てずに、確実に着実に練習を積み重ねていく事が大事です。継続は力なりです!!
2010-06-11

久しぶりのお稽古♪

今日は、仕事が忙しくてなかなかお稽古に来られなかった生徒さんが、久しぶりにお稽古に来られました。素宇流会の着物と帯も作られていたのですが、ずっとお預かりしていて、今日やっとお渡しできました。今年の発表会には、せっかく着物と帯を作られてたのに、仕事の都合が付かず、出演出来なかったので、来年は是非、参加してほしいと思っています。明日は、就職活動のため、しばらくお稽古に来られなかった岐阜の生徒さんが、就職が決まり、お稽古、復活される事になり久しぶりに会えるので、とても楽しみです。やはり長い間お休みしておられたので、胡弓も三味線も両方とも皮が破けていて、楽器屋さんに張り替えをお願いする事になってしまいました。本当に和楽器はしばらくご無沙汰すると、てきめんに皮がやられてしまうんですよね?!! でも心機一転!皮も新しくなり新たな気持ちで、これからお稽古、がんばってほしいと思います♪
2010-06-09

今日の井波教室♪

今日の井波教室は、初めて、東京の生徒さんが胡弓で2レッスン、参加されました。この間、東京へ私たちが仕事に行った時も、東京で2レッスンしましたし、だいぶん進みました。今、三味線と歌に合わせる練習に入っています。彼女は、とにかく早く風の盆デビューしたい希望なので、一年でも早く実現できるように、お稽古、がんばっています。さぁ、今年の風の盆にはデビューできるかな!? 楽しみです☆ 明日も八尾で2レッスンして帰られます♪♪
2010-06-09

腱鞘炎

皆様、ご心配おかけしました。腱鞘炎、もうすっかり痛みも治まり、治りました。でも、腱鞘炎は一度なると、再発しやすいそうなので、これからも無理しないように、気を付けたいと思います☆
2010-06-06

町内旅行!


今日は町内旅行で「楽今日館」(富山市)へ行って来ました。いつもは土・日は、ほとんど仕事なので、参加できたことがなかったのですが、今年は、群長という町の役をやっていて、幹事もしなければならなかったので、初めて参加しました。子供たちも連れて一緒に行きました。温泉に入り、宴会をして皆さんでカラオケなどで盛り上がり、楽しく帰ってきました。楽今日館の温泉は、泉質がよくお肌がとてもツルツルになる感じです。写真は、宴会の部屋です。大きなガラス窓に新緑が映え、素晴らしい景色でした。秋などは紅葉もきれいなのでしょうね?  町内の皆様、お疲れ様でした☆
2010-06-04

コアントロー!


お気に入りのお店「コアントロー」(富山)のバースデイデザートです。とってもかわいくておいしかったです。お店のご夫妻に5月28日、赤ちゃんが誕生されたそうです。女の子だそうです。携帯で写真を見せてくださいました。かわいかったな?本物に会えるの楽しみだな? おめでとうございます☆
2010-06-03

今日の衣装!


今日は純白の衣装で演奏してみました。今日の会は、お医者様たちの会ですので、白もいいなか?と…そうしましたら、美容師さんが髪飾りとブローチをカラーの生花で作ってくださいました。待ち時間がありましたので、ホテルの控え室で撮ってみました☆
2010-06-02

明日の演奏♪

明日は、ANAクラウンプラザホテル(富山)演奏に行きます。大國さんと2人の演奏です。小児神経外科のお医者様たちの学会の懇親会の会場らしいです。ANAクラウンプラザ(富山)は、3月の富山新聞芸能賞の受賞式の会場でもありました。そういえば、8月17日には、ANAクラウンプラザホテル(金沢)の20周年記念のコンサートの依頼も受けているので、8月17日にはANAクラウンプラザ(金沢)へも演奏に行きます。もうすぐポスターやテレビCMでも宣伝するそうです。金沢の皆さん!!どうぞ、ANAクラウンプラザ(金沢)に演奏を聞きに来てください♪♪♪
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ