2010-04-29

八重桜祭り!


4月29日・今年も、倶梨伽羅不動尊の八重桜祭りに家族全員で行ってきました。去年はゴールデンウイークの最後で満開も過ぎ、散り際でした。今年は、ゴールデンウイークの初めで、咲き始めでした。私たちも子供たちも桜が大好きなので、大喜びです。最近、お姉ちゃんは車も運転出来るようになり、単独行動が多くなったので、家族全員で出掛けるは久しぶりでした。それにしてもやはり今年は寒いです。倶梨伽羅も、雨は降っていなかったものの風が強くて、ものすごく寒かったです。それで、外で食べるために作っていったお弁当をワゴン車の後部座席を倒して、みんなで車内で食べました。外では食べられない寒さだったのです。その後、みんなで不動尊にお参りし、おでんを食べて、厄除けの赤餅をお土産に買って帰ってきました。お客さんはたくさん来ていて賑やかでした。食堂のおばさんの「今日は7升のご飯が全部でた?」という声が聞こえていました。ソメイヨシノもきれいですが、ヤエザクラはまた違う豪華な美しさで、結構好きです。来年もまた来たいな?!!み・ん・なで…
スポンサーサイト
2010-04-26

とうとう…

今日、整形外科へ行ってきました。覚悟はしていたのですが、とうとう右手の中指が腱鞘炎になってしまいました。私たちの様な職種にとっては職業病ですね。お医者さんにも、オーバーワークですね…とあっさり言われてしまいました。治すには結局、使わない事しかないようです。それもまず無理ですね。でも炎症が治まるまでは、なるべく胡弓を弾く頻度を調整しようと思います。コンサートの時は弾かない訳にはいきませんので、お稽古の時は、いつもより控えるつもりです。生徒の皆さん!という訳で…しばらくは、胡弓をあまり弾かずに口でばかり指導しているかもしれませんが、お許しください!!
2010-04-26

呉羽に演奏に行きました♪


以前から依頼されていた「NPO・みどりの風」の竣工式の演奏に行って来ました。場所は、以前「呉羽山荘」だった場所です。「保養施設・くれは山荘」として生まれ変わったようです。きれいに改築されていました。元はといえば、この建物は、八尾町大長谷から移築されたものだそうです。天井も高い合掌造りの家なので、マイクなしの生音での演奏でしたが、皆さん静かに聴いて頂けたので、自然な音と響きで演奏できました。胡弓の音は、マイクを通すと音が変色し易く、音づくりが難しいので、条件が揃えば生音で聴いて頂くのが本当は一番いいのです。風の盆の町流しももちろん、生音ですものね?♪ やはり機材を通すと何かが欠如してしまうような気がします。直接空気を伝わる音というのは、何か特別なパワーがあるように感じます。今日のお客様にはそれを感じて頂けたのではないかな?と思います。1時間位たっぷり演奏しました。大変喜んで頂いていた様子でした。演奏後、取材に来ていた「北國出版」の取材の写真撮影に外の風景の良いところで応じました。その後、皆様と一緒に薬膳弁当を戴きました。いかにもヘルシーな食材ばかりで、体にいい感じがしました。楽しい会でした☆ それにしてもこの時期に呉羽方面に行ったのは初めてだったのですが、一面に広がる梨の花の美しさにビックリしました!さすが梨の名産地です!!
2010-04-23

今日は…

演奏を依頼され、名鉄ホテル(富山)に行ってきました。名鉄ホテルは、私たちが呼ばれた会以外にも、たくさんの宴会や会合が入っているらしく、駐車場さえいっぱいで車も近くにとめられず大変でした。景気が回復してきたのかしら!? ずいぶん繁盛な感じでした。ですが、たくさんの会場で音響機材も出払っているらしく、お願いしていた音響機材が準備不足で、その上、この会の前にも他が使っていたらしく、準備やセッティングの時間があまりにもないので、マイクチェックも十分にできず、ちょっと困りました。演奏中は静かに聞いて下さったので、演奏し易かったです。今日は、日本の曲を中心に演奏しました。お客さんで、中国の二胡とどう違うのですか?と質問される方があったので、トークで少し中国の二胡と日本の胡弓の違いを説明しました。まだまだ二胡と胡弓を混同している方が多いようですね?私に質問した方も、同じ形…つまり二胡に三弦、糸を張ってあるのが胡弓だと思っていたようです。ま?でも、二胡は二弦で胡弓は三弦だということだけは知ってらしたということなので、一般の知識としては、まだましな方かもしれませんね。これからもまだまだ演奏の度に二胡と胡弓の違いを伝えていかなくてはなりませんね。それも私の一つのお役目なのかもしれません。何度もいいますが、胡弓は伝統的な和楽器です!!
2010-04-23

取材がありました!!

北國出版の「北國文華」という雑誌の取材を依頼され、今日早速、高岡の富山新聞文化センターのお稽古風景の撮影と取材を受けました。生徒さんたちは、カメラを向けられると緊張する…と言っていましたが、そういう感覚もたまにはいいのかもしれません。我が胡弓教室は、新聞や雑誌などやたら取材が多いので、うちの生徒たちもそのうち取材慣れするんではないかと思います。今日は名鉄ホテルで…明後日は「みどりの風」の竣工式の演奏を依頼され、演奏に行く事になっているのでコンサートの場面は、25日のコンサートを取材に来るようです。カラーの何ページにわたってのコーナーらしいので、どのように紹介されるのか楽しみです☆
2010-04-19

今日のお稽古♪

今日は、午後2時?午後6時半頃まで、立て続けて胡弓のお稽古をしました。まずは、飛騨の生徒さんが2時に来られ個人レッスンをしました。この生徒さんはまだお稽古をはじめられてから間もないですが、5月22日の発表会には参加すると決められたので、「荒城の月」をがんばって一曲弾いてもらおうと思っています。なかなか練習時間がとれないと言っておられましたが、苦労されながらも、だいぶん胡弓が回せるようになって来られたようです。2レッスン目からは、千葉の生徒さんと高岡の生徒さんが加わり、3人でお稽古しました。千葉の生徒さんも今回初めて、発表会に参加すると決められました。この方には、「荒城の月」と「越中おわら節」の2曲を弾いてもらおうと思っています。この方は、おわらのゆすりを今、練習しているところですが、どうしても弓を引く手に力が入っていまうので、これに苦労しておられます。力を抜くという事が大変難しいようです。高岡の生徒さんは高岡のセンターの受講生ですが、今回初めて八尾教室に来られました。とても一生懸命なのですが、お年も七十代で、肩や膝が弾いているとすぐ疲れたり痛くなったりされるので、あまり長時間は続いて弾けないようです。同期の高岡の仲間たちとは、どうしても差が付いてしまうので、八尾教室にも通ってがんばろうと思われたようです。今日は、おわらのころがしのタイミングをだいぶん掴んでいかれたようです。その後、千葉の生徒さんが個人レッスンでミッチリ!! 千葉の生徒さんと入れ替わりで今度は、富山の生徒さんが来られました。この方は、いつもお子さんを連れてまでお稽古に来られる張り切りお母さんです。今日は仕事の帰りに寄られたので、身軽でお稽古に来られ、おかげでジックリお稽古できました。この方も発表会に参加される事に決められました。発表会の練習用に二重奏で「荒城の月」を練習しました。おわらも上句と下句の途中まで進みました。産休空けでお仕事に復帰したばかりなのに本当にがんばります。うちの会の中では若手のポープです☆皆さん、各自、発表会の練習に励んでください♪
2010-04-19

小さな、山のギャラリー・のづみ


小さな、山のギャラリー「のづみ」(八尾町東布谷)の桜まつりにファミリーで行ってきました。「桜とオーロラをたずねて」という写真展が開催されていました。写真愛好家の金森秀夫さんの作品です。ご本人がいらして、すぐ私の事がわかったらしく、「若林さんですよね??」と話しかけてきて下さいました。金森さんは城端在住で以前、城端で演奏した時にコンサートに来られ、DVDも買って下さったそうです。白川郷でコンサートをした時もいらしたそうです。ありがとうございます。金森さんは本当に写真の旅に全国へ行ってらっしゃるようです。オーロラはアラスカ、桜は、岐阜県の薄墨桜から地元・城端の桜…各地の桜がありました。その他にも日食の写真、丹頂鶴の写真、富士山、沖縄の海と…日本も北海道から沖縄まで…いろんな写真を説明を交えながら見せてくださいました。子供たちは田んぼにおたまじゃくを見つけたらしく…終いには、泥だらけの姿で登場!すぐ退散しなくてはならない羽目になりました。男の子はやはりやることがワイルドです。つまり汚いだけなのですが…少し八尾の旧町から山に上っただけの野積ですけど、川のきれいさが全然違います。桜もなんとまだ咲いてないのです。これからだそうです。途中には満開の桜もありました。富山市内はもうすっかり散った感じですし、八尾町内も散り始めな感じです。少し山に行っただけで、まだ桜が楽しめるようです!!
2010-04-18

富山県水墨美術館のしだれ桜


富山県水墨美術館の庭のしだれ桜、きれいに咲いていました。この日は、「琳派・若冲と雅の世界」に行ってきました。伊藤若冲ファンの私にとっては魅力的な展示会でした。生で間近に見るとやはりすごい迫力でした。筆の最後の線まで力があり動きがあり、時にはリアルに時にはコミカルに自由自在に筆を操っている感じがします。竹には風が吹き、虫も花も生きていました。動物たちも動き廻っていました。すごい観察眼と感性の持ち主です!!
2010-04-15

寒いです!!

もう4月も半ば…桜も終わりの時期だというのに、最近とても寒い日が続いています。気分的には春物なのに、夜はまだ冬コートが手放せないような…困った天気です。かと思えば、いきなり真夏のような気温になってみたり…特に今年は、寒暖の差が激しくて体がついて行けない感じです。皆さんも体調にお気を付けてくださいね☆ 今日は木曜日なので、高岡のセンターのレッスンです。高岡の古城公園の桜も、もう散っちゃったんだろうな? 桜の時期は本当に短いです。でもそこがいいのかもしれませんね。潔くて…毎年、皆に惜しまれて…また毎年皆に待ちわびられて…風の盆もきっと、ファンの方にとってはそういう要素があるんでしょうね?それを思うと通年観光とやらで、いつでもおわらが観れるというのが、本当にいいのか?私は疑問です。やはりその時期だけだからこそ、いいのではないでしょうか?ところで今日は高岡へいつもより早めに行こうと思っています。私のCDを2枚ほしいと言ってくれている人がいて、センターで待ち合わせしてCDにサインを入れてお渡しすると約束しているからです。それと体験講座を希望の新しい方が一人、いらっしゃるようですので…どんな方がいらっしゃるのかな!?楽しみです☆
2010-04-11

今日のお稽古♪

2人の生徒さんがお稽古に来られました。2人とも、とても真面目なタイプの方で、コツコツと練習を積まれて上達されます。2人とも富山のセンターと八尾教室と両方の教室に通ってらっしゃるので、効率が良くなお上達が早いです。お一人の方は、この間の祝賀会にこのすごく出席したかったのに、仕事の関係で出席できず、私が夢にまで出てきたそうです!5月の発表会にも仕事のため参加できず、とても残念がっておられますが、練習はしっかりしておられるので、日程さえ合えば、いずれステージに立てるでしょう。またもう一人の方は名取さんですが、この間の祝賀会にも出席され、5月の発表会にも参加出来るという事なので、日程が合って本当によかったです。曲を覚えるのも早く、「荒城の月」では、低音部を担当してもらったり、今回も発表会では、胡弓はソロで「月ぬ美しゃ」という新しい曲に挑戦してもらおうと思っています。三味線も習っておられますが、胡弓歴の方が長く、去年の発表会では胡弓だけで出演されたので、今年は三味線で、「桜」デビューしてもら
おうと思っています。おわらもだいぶん進んできたので、もう少し進めばおわらも三味線で弾いてもらえるかな?と思っています。とにかく、発表会に向けて猛特訓です!!
2010-04-10

満開!!


4月10日・「富山県中央植物園」(婦中町)の無料開放の夜桜です。今年は、満開!!満開!!桜のトンネルの時期にピッタリ行けて、最高でした。ため息が出るほどの美しさです。子供たちも大喜びでした。夜もたくさんの人々がペアやファミリーでお花見に来ていました。道路も富山では珍しく、お花見渋滞でした。明日は、町内のお花見です☆
2010-04-09

演奏依頼♪

4月は演奏依頼がたくさん入っています♪4月8日・「五万石・千里山荘」(婦中町)へ演奏に行って来ました。音響設備が整っていなかったので、正直言って演奏しづらかったです。やはり生音が一番なのですが、どうしてもマイクが必要になってくる場合があります。会場によっては、音響設備が整ってない所があるので、そういう時が一番困ります。最近、機材も一式持ち込みしないとダメなのかな?と真剣に考えています。和楽器は特に音作りが微妙で難しいです。ちょうどその日、この間の祝賀会で撮影を担当してくれていたカメラマン・高橋敬市さんから連絡があり、この間の祝賀会の写真のサンプルが出来上がったという事で、千里山荘まで写真を届けてくれました。なかなか思い出に残るよい写真ばかりでした。出席者の皆さんにも焼き増しして、プレゼントしてあげたいな?と思っています!!明日は、結婚披露宴の会場で演奏を依頼されています。当事者にとっては、一生の思い出になるような大切な宴ですから、心を込めて、お祝いの気持ちで和やかな演奏にしたいな?と思っています。どんな綺麗なお嫁さんに会えるのか、なんだかとっても楽しみです☆
2010-04-07

満開宣言☆


富山市街での仕事の帰りに、松川べりの夜桜を観に行ってきました。4月6日・満開宣言!!
2010-04-05

入学・記念撮影!

和が一年生になります。4月6日が入学式です。前もって、写真館へ記念写真を撮りに行って来ました。結果的には、無事良い写真が撮れたのですが…大変でした。和に「今日は、写真を撮りに行く日だからね!」と言っておいたのに、約束の時間になっても、お兄ちゃんと2人で何も言わずにどこかへ遊びに行ってしまって帰って来ません。予約の時間が迫っているのにどうしよう…と思いながら近所を探し回っていましたが見つからず、もう今日はダメか…と思ったところにひょっこり2人で現れました。そして、慌てて車に乗せて写真館に向かいました。もうすぐ写真館に到着…というところで、大変な過ちに気付いてしまいました。和の次に大事な準主役のランドセルを家に忘れて来てしまったのです。写真館に電話して事情を話し、予約時間を変更してもらい、家にランドセルをとりに戻りました。大切なブルーのランドセルを忘れるなんて、まったく慌てていると、ろくなことがありません。写真館にようやく到着し、スーツに着替えて撮影開始!! 和は写真館で初めてランドセルを担きました。これから毎日、6年間、このランドセルを担いて、元気にお兄ちゃんと仲良く登校してね♪スタッフがどうにか笑顔を撮影しようと、和を笑わせようとしますが、当の本人は、緊張した面もちで、固まっています。その顔もまた、かわいかったですけど…写真の出来上がりが楽しみです(笑)
2010-04-03

富山もいよいよ開花しましたね!! 寒くても春は来るんですね? 今年は、どんなお花見が楽しめるかな? 楽しみです☆ 桜、大好き!日本人だな?!!
2010-04-03

(祝)39若林美智子・感謝の宴

 
 
 
 

4月2日・ボルファートとやまにて「第40回・富山新聞芸能賞受賞・(祝)39若林美智子・感謝の宴」が若林美智子後援会の主催で執り行わました。とにかく盛りだくさんで楽しい会となりました。まずオープニングは、野尻博のパフォーマンス…野尻さんの芸は、何度見ても笑わずにはいられません。その後、富山新聞社社長・宮本佐智夫さんにご挨拶を頂き、引き続き相本芳彦後援会会長にご挨拶を頂き、その後私からご挨拶させて頂きました。私は「39若林美智子」の意味をサンキュー(感謝)である事と、これからも自分の年齢を隠すのではなく、あえて私は何才です。これからも何才の私はこういう生き方をしてきました。と堂々と言える自分でありたいという意味(気持ち)です。とお話させて頂きました。乾杯は後援会副会長・光圓寺住職・平田堯美さんにお願い致しました。皆さん、それぞれのお言葉で、暖かい祝辞を頂きました。その後演奏をたっぷり聞いて頂きました。まずは、「こきりこ節」をみんなで弾きました。踊りも男女で踊ってくれました。こきりこ節はなんといっても、ささらを鳴らしながら、素敵な衣装で踊る男踊りが特徴です。女踊りも巫女さんのような衣装でこきりこを打ちながら踊ります。その後、「アペラッチャコ」の谷中秀治・サスケ・ロケットマキノの3人に祝賀演奏してもらいました。そして、私と大國さんでまずは日本の曲から「荒城の月」「宵待草」、その後はサスケに加わってもらい「花響」(オリジナル曲)を演奏しました。その後今度は、谷中さんとロケットマキノに加わってもらい外国の曲「アマポーラ」「ヘイジュード」を演奏し盛り上がりました。その後は、いつも一緒に演奏しているおわらの仲間たち・澤田勲さん、小泉清美さん、上田喜美子さん、早川清照さん、亀ケ谷治夫さん、大國徹、そして胡弓に私が加わり「越中おわら節」をみんなで演奏しました。踊りは男踊り3名、女踊り3名で踊ってもらいました。男女ペアで踊る夫婦踊りはやはり人気のようです。いつも拍手が大きいですね。最後には、親に恵まれない私を幼い頃から育ててくれた今は亡き、祖父母に感謝を述べ、「越中おわら節」(独奏)を感謝を込めて生音で聞いてもらいました。そしてテーブルごとに、皆さんと記念撮影をしました。中締めは、専能寺住職・尾崎昌丸さんにお願い致しました。本当に和やかないい宴となりました。これも皆様のおかげです。思いのほか、たくさんの皆様にお集まり頂き、お祝いの数々…お祝いの言葉を頂戴致しまして、本当にありがとうございました☆  
2010-04-01

井波教室の後…


3月31日・いつも場所「秀夢木楽館」(井波)で、三味線と胡弓の教室を行いました。その後、ベース・谷中秀治とギター・SASUKEに来てもらい、4月2日の祝賀会で一緒に演奏する部分の練習をしました♪ 谷中さんのベースが入ると「アマポーラ」もいい感じでした。SASUKEには、最近も私のコンサートに何回か参加してもらっていますが、谷中さんと一緒に演奏するのは何年ぶりでしょう! 谷中さんとの初めての出逢いは、「坂のまちアート」(八尾)でした。その頃谷中さんは、ニューヨークから帰って来たばかり…と言っていました。ニューヨークでもバリバリの富山弁でトークしていらっしゃったのでしょうか?学校や病院や孤児院などにボランティア演奏に一緒に行った事もあります。当日は、キーボード・ロケットマキノも来てくれて、アペラッチャコの3人で祝賀演奏してくれる事になっています。出席者の皆さん、お楽しみに…私も楽しみです☆
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ