2009-12-28

喪中ハガキ!

今年の風の盆の最終日・9月3日に兄が亡くなり、弔いの町流しとなってしまいました。そのため、皆さんに喪中ハガキをお出ししなければならないのですが、今年も年末まで仕事が忙しく…実は、30日まで仕事で…喪中ハガキを書く時間が確保できず、今やっと書いている始末です。投函が遅れてしまいまして、大変申し訳ありません。もう年賀状を投函する時期だというのに…もし私に年賀状をもう投函してしまいました…という方がおられましたら、私の方は下さる分にはいっこうに構いませんので、どうぞ、気になさらないでください。ありがたく頂戴いたします。あ?!今年も時間に追われつつ、本当に一日は24時間で、一年は365日あるのか? う?ん、た、足りない。と思いながらの年末です。皆様はどうお過ごしですか?というわけで、今年もお世話になりありがとうございました。来年もどうぞ、よろしくお願いします。来年もよい演奏を皆様に届けられるよう…がんばります♪それでは皆様、よいお年を…
スポンサーサイト
2009-12-26

名取襲名披露宴

20091226013006

12月12日、名取襲名披露宴が「楽翠亭」(富山)で執り行われました。今回は横越加奈子さん、お一人が名取となられました。越中弦奏楽・若林流・初傳名取・胡弓、6人めの名取さんです。名取名・・若林越智(わかばやし こしぢ)。心をこめて、家元直筆の免状を書きました。越智という名前を付けさせていただいた由来は、「越」は越中弦奏楽の「越」であり、横越さんの「越」であります。また、どんどん上達されて、師匠をも超えて素晴らしい演奏者となってほしいという願いが込められています。「楽翠亭」は場所も 素敵ですし、また横越さんをお祝いしたい・・・と思ってくださる方がたくさんいたのでしょう。過去最高の出席人数・35名のご家族や生徒さん達が祝福してくれました。司会は、若林美智子後援会・会長・相本芳彦さんが引き受けてくださり、会を盛り上げてくださいました。越智さん!どうぞこれからもより一層、精進努力されて、若林流名取として皆を引っ張っていく存在になってください。次は、中傳名取を目指してお稽古に励んでください。本当におめでとうございました☆
2009-12-20

コンサート打ち上げ・パート?

20091220235300

11月23日、安曇野の「ちひろ美術館」でSASUKEファミリーとお別れしてから、若林ファミリーは、白馬へ立ち寄りました。白馬には、なぜかトナカイ牧場があり、トナカイが曳いてくれる車があって、子供たちが乗りたいと言うので、私と輝と和の3人でトナカイの車に乗りました。子供たちは、とても喜んでいました。トナカイは、とても寒い地方の動物ですから、日本ではかなり暑いのでしょうね?。最後はかなりバテていて、一匹で曳かせるのはかわいそうな気がしました。思わず降りる時に「重くてごめんね?」と言ってしまいました。子供たちにはこの珍しい体験が、きっといい思い出になると思います☆
2009-12-18

コンサート打ち上げ・パート?

20091218231231

11月23日、打ち上げで行った長野・安曇野の「有明荘」をチェックアウトし、絶景を楽しみながら山道を下り、SASUKEファミリーと若林ファミリーは、安曇野市にある童画家・いわさきちひろの美術館「ちひろ美術館」に立ち寄りました。いわさきちひろさんの可愛らしい絵や絵本が、たくさん展示されていました。その他にも、他の作家さんの絵本や造形の作品の館もありました。また図書館のように絵本をゆっくり読めるコーナーもあり、私は子供のいクエストで、猪と鯨のお話を読み聞かせたりしていました。写真は、音の出る造形作品で、自由に叩いて音を出していいコーナーで、輝と和が楽しそうに叩いて遊んでいるところです。SASUKEファミリーとはここでお別れしました。SASUKEファミリーは、その後は「大王わさび農園」に行くと言っていました。長野はワサビが名産ですものね。若林ファミリーは、愛がおみやげを買いたい・・・と言うので、白馬へ向ってみました。
2009-12-14

コンサート打ち上げ・パート?

20091214003447

11月22日・23日、「じょうはな座」コンサートの打ち上げで、一泊二日の温泉旅行に行って来ました。この打ち上げの企画は、そもそも、私の後援会副会長の光圓寺住職さんが言いだしっぺで、全て住職さんに手配をお願いし、行く時も、とにかく住職さんの案内で、後をついていけばいいや?と思っていました。ところが、住職さんは住職さんなので、本業の仕事が急に入られまして・・・「ごめんごめん・・・私は、・・・というわけでいけなくなりました。皆さんで行って来てください・・・」と地図だけ渡されて、誰も知らないその宿へ行く事になってしまったのです。その宿は、長野の安曇野の山の中の「有明荘」という宿でした。メンバーは、コンサートの出演者の後藤さん、SASUKEとSASUKEファミリー、若林ファミリー、そして、東京の生徒と小松の生徒です。東京の生徒は、レッスンも兼ねて来ているので、出発前に午前中、2レッスンを終えてから出発しました。お昼過ぎの出発となりました。遠いだろうな?と思っていましたが、明るいうちに着くだろうと思っていました。ところが、予想以上に遠かったのです。安曇野の市街から1時間ほど山道を登らないと、たどり着かないところだったのです。山道に入るころには、日がすっかり暮れてしまいました。街灯も全くなく・・・携帯電話もどの機種も全て圏外で、全く繋がりません。地図も随分大まかで、この道で合っているのかどうなのかさえ判らず・・・宿に確かめようにも携帯も繋がらず・・・このまま遭難するんじゃないかしら・・・と、かなり不安なものがありました。が・・・道は合っていました。無事、到着しました。各自の車でそれぞれ行ったのですが、みんな無事到着していました。着いたらすぐ夕食・・・と、いった感じでした。その宿は、かなりの標高の所にあり、登山客がよく利用するような宿で、山好きの人には、たまらない魅力かもしれません。宿のパンフレットに、謳っている通り「何もない贅沢」なのです。山だけを楽しむための宿のようです。この宿は、冬季は閉館するらしく、私たちが行った時期は、もう閉館間際でした。素敵な露天風呂もあるのですが、その露天風呂も寒すぎて、11月中旬で終わりだそうで、露天風呂には入れませんでした。でも中のお風呂も檜風呂で、源泉かけ流しで泉質が非常に良く、お肌がつるつるになりました。お風呂に入って、ようやく疲れがとれた感じでした。大國さんもコンサートで疲れているのに、長距離の運転でそうとう疲れていたのですが、SASUKEに整体を施してもらい助かりました。SASUKEはギタリスト整体師なのです。食事もなかなかおいしかったです。子供たちも意外に何もなきゃないで、広々とした所で飛び回り、楽しそうに遊んでいました。次の日の朝、起きると清々しい山の空気・・・雪がうっすら積もっていました。水道の蛇口には「凍結するので、水を止めないでください!!」と書いてあります。寒い所です。来た時は、山道が真っ暗で何も見えませんでしたが・・・朝、降りる時は、最高のパノラマ・・・山がとても綺麗でした。猿の親子の愛らしい姿にも出逢いました。もう少し早い時期・・・紅葉の時期に来たら、最高だろうな?と思いました。
2009-12-09

じょうはな座・コンサート♪

20091209215021

11月21日・「若林美智子?哀愁と魅惑の胡弓の調べ?」が「じょうはな座」(城端町)で行われました。今回のコンサートの出演者は、若林美智子と亜人亜(大國徹・後藤剛史)とゲストのSASUKEの4人でした。写真は終演後、出演者の4人で楽屋で撮ったものです。一部では、日本の曲やオリジナル曲を中心に・・・一曲目は「越中おわら節」(独奏)?「素宇流円相?OWARA?」(即興曲)から始まりました。一部の最後の曲は、「花」でした。「花」は歌も唄い、4人で演奏しました。一部ではSASUKEのソロ・コーナーもあり、素敵なギターの曲も披露してもらいました。二部は、外国の曲を中心に・・・二部の最初の曲は、「ラブ・ミー・テンダー」を演奏しました。二部の最後の曲は、「アメイジング・グレイス」でした。この曲は、いつも愛と平和を祈る気持ちで弾いています。最後の曲が終わると、客席の皆さんが盛大なアンコールをくださいました。アンコールには、胡弓では珍しい・・・ビートルズの「ヘイ・ジュード」で盛り上がり、そして最後にもう一曲、会場の皆さんにも一緒に唄ってもらって、みんなで「こきりこ節」をやりました。全部で、17曲演奏しました。2時間半たっぷりでした。いつもお客さんが来てくださるかどうか、当日になるまで心配なのですが、今回もほぼ満席のお客様となりました。たくさんのお客様に観ていただけて、本当によかったです。いつもコンサートの度に、一生懸命やっているのですが、今回は自分でも満足できる演奏(ステージ)となったからです。お客様からも感動した・・・という感想をたくさん頂き・・・終演後は、CDをたくさんのお客様が列を作り、買ってくださいました。本当にうれしかったです。これからも、もっともっと素晴らしい演奏となるように努力したいと思います。演奏につきましては、4人の息が合った良い演奏ができたという事です。共演者の仲間たちのおかげです。そして、陰で支えてくださる音響・照明・美容・会館のスタッフ・・・皆様のおかげです。皆さん、本当にありがとうございました。お疲れさまでした?☆
2009-12-02

新しいパソコンを…

ようやく購入しました。が…まだ接続していません。今は携帯から更新しています。高岡の富山新聞文化センターの胡弓講座・入門・7時?はお陰様で第一期生の皆さん、たくさん受講して頂き、人気講座となっています。という訳で…来年1月21日「木」7時?・無料体験講座を行い、1月28日「木」7時?・第二期生の受講が始まる事になりました。12月3日には、お正月用の富山新聞文化センターの人気講座のコーナーの掲載を依頼され、取材を受ける事になっています。第二期生になられます方にお会いできます事、楽しみにしています。無料体験、新講座にドシドシおいでくださいね。お待ちしております♪
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ