2009-11-24

パソコンの調子が悪く…

最近、ブログの更新が困難になっています。パソコン古いせいかと思い…新しいパソコンの購入を考えています。しばらく、更新出来なくなるかもしれませんが、心配しないでくださいね。パソコンの調子が悪いせいです。私は元気で活動しています。11月21日・「じょうはな座」のコンサートは、大盛況にて終演致しました。皆さん、本当にありがとうございました。お疲れさまでした。コンサートの打ち上げで、長野の安曇野の山奥の「有明荘」という温泉へ出演者のメンバーやコンサートを観に来てくれたり手伝ってくれた生徒さんたちと一緒に一泊旅行にも行って来ました。私たち家族も、旅行と言っても、仕事の演奏旅行がほとんどなので、子供たちはお留守番ということが多いのですが、今回は初めて家族全員で行って来ました。これも若林家にとっては珍しい事でした。というわけで、しばらくブログの更新が途絶えてしまうかもしれませんが、パソコン復活しましたら、コンサートや打ち上げ旅行の事も後ほど詳しくお伝えしたいと思っています。それでは、皆様、お元気で…
スポンサーサイト
2009-11-12

長野でコンサート♪

昨日、長野県上伊那郡の「久遠山・延寿寺」のご住職さんが、ご挨拶にいらっしゃいました。来年の6月19日に長野県上伊那郡へ演奏に来てほしい…と依頼されているのです。最初は、お寺でコンサートを…という話だったのですが、地域の方に話したら、「それは是非たくさんの方に聞いて頂きたいですし、後援いたしますから、ホールで演奏して頂きましょう!!」という話しになり、キャパが400名程のとても音響が良いというホールで演奏する事に決まりました。ご住職さんから是非とも演奏に来てほしい…という熱い依頼で、本当にありがたいことです。私たち演奏家にとっては、なんといっても、「是非ともあなたの演奏を聴きたい…」と依頼を受けて演奏させてもらえるのが、一番嬉しい事です。そう言って頂けると、どんな遠い所でもどんな場所でも、絶対行こう!!という気になります。長野県にはなんどか演奏に行った事はありますが、上伊那郡には初めて行きます。楽しみです☆そういえば、何年か前になりますが、兵庫県赤穂市のお寺さんからも熱い依頼を受け、演奏に行った事がありました。私は、とにかくお寺や神社に演奏依頼を受ける事が大変多く、ご縁を感じます。後援会の副会長さんもお寺の住職さんです。これも神仏のご加護かな?と思い感謝しています。実はお寺のご住職さんからファンレターを頂いた事もなんどかあるんですよ(笑) これからも神仏を大切に…演奏活動していきたいと思っています♪
2009-11-09

練習♪

昨日、練習しました♪11月21日・午後7時?・「じょうはな座」での「若林美智子コンサート 哀愁と魅惑の 胡弓の調べ‥」の練習です。今回は、私と大國さんとゲストのサスケの3人で練習しました。サスケには今までも、何回か私のコンサートに出演してもらっているのですが、ゲストとしての出演は初めてなので、「とにかくサスケの存在やテクニックが生きるステージにしなければダメだ?…」と特に大國さんが、事細かにサスケに指示を出しながら、またサスケのアイデアも取り入れながら、今までになく、練習に力が入っている感じです。なんだか楽しみなコンサートになりそうです。もう一人の出演者の後藤さんは、練習というタイプでもなく、いつも風のように自由に笛を吹いてくれます。自由と言っても、きっと後藤さんの感性が素晴らしいから気ままに吹いているように見えるけれど、後藤さんなりにいつも集中してがんばって吹いているのだと思います。彼は彼で、上手いだけではなく、独特のセンスと雰囲気を持っていて、それはなかなか誰にでも真似できるものではありません。亜人亜のメンバーとしてなくてならない存在です。大國さんは、バンドネオン・キーボード・笙・三味線等、いくつもの楽器を一人で弾きこなし、また作曲やアレンジの感性も素晴らしいです。これも誰にでも真似できる事ではありません。という訳で素晴らしいアーティストが結集して、若林美智子のコンサートを作り上げていく…そこにプラス当日じゃないと出てこない何かが加わり、ライブしか有り得ない演奏になるのです。これだからコンサートはやめられません。皆さんに喜んで頂けるコンサートとなりますように… 出演者一同がんばります。たくさんの皆さん、観にいらしてくださいね☆ 11月16日・午後7時?・エフエムいみず「アペラッチャコ・パラダイス」そして、11月18日・午後3時半?・KNBラジオ・「ご近所ラジオ」にも生出演します♪
2009-11-01

さろんコンサート♪

10月31日・「小林道夫チェンバロ演奏会」(秀夢木楽館・井波)へ行ってきました。久々に正統派・バロックを聴きました。チェンバロの音を聴いていると、時限を越えて旅している気分です。とても優雅な音です。チェンバロの他にもピアノの原型と言われているクラヴィコードも弾いてくださいました。クラヴィコードの音は、本当に繊細な音です。外で少しでも音がすると、かき消されて聞こえなくなってしまうくらいのか弱い音です。でも耳の方を澄まして、集中して聴いていると段々聴こえてくるから不思議です。マイクなど外部の機材に頼らなくても、人間は耳という素晴らしい機能を与えられている事を改めて感じる事ができました。昔は静かな中で静かに耳を澄ましてこの音色を楽しんでいたのでしょうね。小林道夫は、日本のみならず、世界各地で高く評価されている素晴らしい先生ですが、大学の授業のように、色々と楽器の事やクラッシックの音楽の講義のようなお話を聞かせてくださり、勉強になり楽しかったです。
プロフィール

家元567

Author:家元567
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ